南極料理人

南極料理人

2009年製作 日本 125分 2009年8月8日上映
rating 3.8 3.8
555 53

『南極料理人』とは

原作は西村淳のエッセイ「おもしろ南極料理人」で、海上保安官出身で南極観測隊に参加した経歴ある作者の実体験を元にした2009年公開作品。本作の映画ロケ地は西村の出身地である北海道網走市で真冬に撮影された。 『武士の家計簿』の堺雅人、「トリックシリーズの生瀬勝久、『チア☆ダン』のきたろう、『ソラニン』の高良健吾、『ナビィの恋』の西田尚美ら実力派俳優が出演。第50回日本映画監督協会新人賞最終候補作品であり、2009年度新藤兼人賞金賞。第29回藤本賞新人賞を受賞など多数の映画賞を受賞している。

『南極料理人』のあらすじ

交通事故を起こした同僚の代わりに妻(西田尚美)とまだ幼い二人の子どもを残して南極観測隊員メンバーとして渋々単身赴任となった、海上保安庁の所属隊員・西村淳(堺雅人)。その任務は、南極大陸の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島ことドームふじ観測拠点で越冬する隊員の食事を用意することだった。 基地では、雪氷学者の本山ヒデユキ(生瀬勝久)、雪氷サポート隊員の川村ヤスシ(高良健吾)、気象学者の金田ヒロシ(きたろう)ら計8名の隊員が美味しい料理を心待ちにしているのだ。標高3810メートルあるここでは、動物はおろかウイルスさえ存在しない過酷な環境。氷点下54℃以下のこの基地において、トイレは丸見え、プライバシーなし、日本へ電話するには1分740円もかかり、隊員らのストレスは非常に大きい。 西村は限られた食材と特殊な環境の中、隊員たちのストレスを緩和すると同時に、飽きさせないメニューを作るために奮闘するのだが。

『南極料理人』のスタッフ・キャスト

『南極料理人』の感想・評価・ネタバレ

関連する記事

『南極料理人』に関連する作品