ぼくとママの黄色い自転車

ぼくとママの黄色い自転車

2009年製作 日本 95分 2009年8月22日上映
rating 3.3 3.3
3 3

『ぼくとママの黄色い自転車』とは

2009年公開の少年の成長を描いた映画。瀬戸内海小豆島がロケ地となった。原作は直木賞候補作家・新堂冬樹の小説『僕の行く道』。監督、脚本はきつねと少年の交流を描いて好評を得た『子ぎつねヘレン』の河野圭太、今井雅子が務めた。 主人公を演じる武井証は、『いま、会いにゆきます』の映画版、TV版共に同じ少年役をを演じて注目された。阿部サダヲ、鈴木京香が両親を好演し、家族の絆や愛情を描くドラマとなっている。

『ぼくとママの黄色い自転車』のあらすじ

父と二人暮らしの少年・大志は、パリに留学している母から届く手紙を毎週楽しみにしている。しかし夏休みのある日、大志は一枚の写真をきっかけにして、母のいる場所がパリではなく小豆島ではないかと疑問を抱く。そしてそれを確信した大志は、母がくれた黄色い自転車に乗り、愛犬アンを連れて一人小豆島へと出発する。 旅の道中でトラブルに巻き込まれたり、いろいろな大人たちとの出会いがあったり別れがあったり、さまざまな体験を経て大志は強くたくましく成長していく。やがて小豆島にたどりついた大志は、母に会えることに期待に胸を膨らませていたが.....。

『ぼくとママの黄色い自転車』のスタッフ・キャスト

『ぼくとママの黄色い自転車』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ぼくとママの黄色い自転車』に関連する作品