ちゃんと伝える
ちゃんと伝える
rating 3.1 3.1
26 11

『ちゃんと伝える』のsouthpumpkinの感想・評価・ネタバレ

southpumpkin
southpumpkin 4 2015年9月24日

ほとんど前情報もなく、ただ園子温全監督作品鑑賞に向けて潰していく過程の鑑賞でした。『冷たい熱帯魚』直前とのことで、相当に身構えたのですが…。厳しかった父にガンが発覚、そして自分にもガンが…。というお話。いったいどこから園子温節が出てくるのかと思いました。今にもバス停でバスを待つお母さんが轢かれるんじゃないかとか、変な強盗が乗り込んでくるんじゃないかとか…。しかしその全てが杞憂でした。杞憂というか、いつもの園子温がちらつくせいで画面に良い意味で緊張感があってよかったりします。三池崇史も『風に立つライオン』とかいう?な作品撮ってるし、毒気の多い監督は偶にこういう作品も撮りたがるのかなあ、と思いきや一番最後に 「父 園音巳に捧げる」 という文章が流れて、もうこれが「園子温、すみませんでした。」というわけです。 鑑賞は実家だったのもあり、殊更に「ちゃんと伝えなきゃ」なあと思いました。普段あまり映画じゃ泣かないのですが、久々に熱い涙が出ました。 釣り、というキーワードがあるのですが、直後の『冷たい熱帯魚』の魚をイメージさせることなく、どちらかというと『ビックフィッシュ』的な魚を想起させます。それほどまでに園子温らしくない映画でした。 追記:『紀子の食卓』のラストと主人公の家が同じ、という情報をレビューから拾いました。全然気づかなかった…!!