ブラック・ウォーター

ブラック・ウォーター

Black Water
2008年製作 オーストラリア 89分 2009年8月22日上映
rating 2.7 2.7
20 0

『ブラック・ウォーター』とは

実際の事件をもとに、巨大クロコダイルに襲われた3人の男女の戦慄と恐怖を描いたサバイバルホラー。監督は『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター(2011年)』『ジャングル 不滅(2013年)』などアニマル・パニック映画を多く手がけているアンドリュー・トラウキと視覚効果クリエーターのデヴィッド・ネルリッヒ。出演は英BBCテレビドラマ『そして誰もいなくなった(2015年)』のメイヴ・ダーモディ、オーストラリアのテレビドラマシリーズ『サティスファクション』のダイアナ・グレン。

『ブラック・ウォーター』のあらすじ

休暇を楽しんでいたリー(メーヴ・ダーモディ)は、姉グレース(ダイアナ・グレン)とその恋人アダム(アンディー・ロドレーダ)と3人でオーストラリア北部の川釣り体験ツアーに参加、ガイドの案内でボートは川を下り、マングローブが密生する沼地に到着すると、突然何かがボートに激突、姉妹とアダム、ガイドの4人は水の中に放り出されてしまう。そこで彼らが目にしたものは獰猛な巨大クロコダイル、彼らは必死にマングローグの木に這い上がり辺りを見渡すと、頼みの綱であるガイドは死体となって浮いていた。ここからどう脱出すればいいのか、極限の恐怖の中、彼らのサバイバルが始まった。

『ブラック・ウォーター』のスタッフ・キャスト

『ブラック・ウォーター』の感想・評価・ネタバレ

  • 保津稔
    保津稔 2 2016年11月9日

    実話を元に、て言われるとそれだけでちょっと底上げされてしまう感あるけど、まあまあ面白かった。ワニ殆ど出てこないけど、ちょっとしたグロ描写はきちんとしてて、それなりに満足いった。

  • yukakurobe
    yukakurobe 2 2015年6月23日

    『ブラック・ウォーター』鑑賞。クロコダイルに襲われるパニック・ホラー。実話が元だから派手ではないのだけど、マングローブの原生林の静寂さに時折起こる自然の音(魚?)がワニの存在を暗示させて登場人物を心身ともに疲労させていく。地味に怖い。

  • ゆう

    午後ロードにて… なんか2回目っぽい 実話が元なんだ~へぇ~

『ブラック・ウォーター』に関連する作品