ブルージャスミン
ブルージャスミン
Blue Jasmine
2013年製作 アメリカ 98分 2014年5月10日上映
rating 3.4 3.4
254 112

『ブルージャスミン』のMasayukiShimuraの感想・評価・ネタバレ

MasayukiShimura
MasayukiShimura 5 2015年5月8日

[高嶺、崩落]マンハッタンでのセレブ生活を謳歌していたものの、夫の浮気と金融事件ですべてを失った"ジャスミン"。その影響で精神が崩壊しかかるものの、再起を賭けて西海岸に住む妹の元に身を寄せた彼女は、あるパーティーで外交官の男性と恋に落ち......。主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞をはじめとして賞レースを総ナメにした作品です。監督は、近年では『ミッドナイト・イン・パリ』などで注目を集めたウディ・アレン。原題は『Blue Jasmine』。 とんでもなく性格の悪い映画だなと思いつつも親指を「グッ!!」と立ててしまうタイプの映画でした。虚栄の中に生きる(と書くとかわいそうだけど端から見ればひどいこと結構してる)女性をこれでもかと痛めつけていく様子は、「ウディ・アレン監督、なんかありました??」と問いかけたくなるほど。皮肉の聞きまくったコメディー(?)として評価できる良作だと思います。 テーマそのものはいわゆる裸の王様のそれに近いところがあると思うのですが、その描き方がとにかく鋭い。ジャスミンにとっては悲劇といえる結末を迎えた後に、妹と対峙するあるシーンがあるのですが、そこでのジャスミンの「ある部分」の演出などは「ひどっ...」と思わず苦笑が漏れてしまいました。あのシーン、最高だったなぁ......。 予想以上の作品でした☆5つ