バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

2007年製作 日本 116分 2007年2月10日上映
rating 3 3
135 4

『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』とは

空前のバブル景気に浮かれる1990年の東京を舞台に、現在の不景気社会とのギャップをコミカルに描いたSFコメディ作品。制作は『私をスキーに連れてって』などを手掛けたホイチョイ・プロダクションズで『メッセンジャー』以来8年ぶりの映画製作となる。主演には「TRICK」シリーズ、『テルマエ・ロマエ』で主演を務めた阿部寛と、『おくりびと』、『ゼロの焦点』の広末涼子。共演には吹石一恵、薬師丸ひろ子、劇団ひとりらが名を連ねる。 本作の原案は、週刊「ビッグコミックスピリッツ」掲載のコミック『気まぐれコンセプト』の長編作品で、映画化にあたり大幅な変更が加えられている。その一つとしてタイムマシンは原作の会社エレベーターからドラム式洗濯機へと修正された。また、本作は日立製作所とのタイアップ作品になっており、劇中に登場するタイムマシンは日立製ドラム式洗濯機をベースとしている。また行方不明となった田中真理子の勤務先は「日立製作所家電研究所」であり、そこでユニークな商品開発に携わるという設定となっている。

『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』のあらすじ

2007年日本。バブル崩壊後、景気回復の兆しを一向にみせない日本経済は800兆円もの借金を抱え、国家の破綻は目の前にまで迫っていた。財務官僚の下川路功はこの危機に対処するため、誰もが驚く奇天烈なプランを計画していた……。 一方その頃、元カレが作った借金に四苦八苦していたフリーターの田中真弓は、母親の訃報を聞きその葬儀を執り行っていた。葬儀の場にまで借金の取り立てが訪れ、香典を全て持っていかれた真弓は途方に暮れていたのだが、そんな彼女の元に功が現れる。 功が彼女に告げたのは「母・真理子は生きており、さらに彼女が現在1990年の日本に身を置いている」ということだった。真理子と功はドラム式洗濯機をベースとした「タイムマシン」を完成させており、国家破綻の危機を回避するため1990年の世界に飛び、「バブル崩壊」を食い止めるという仰天のプランを計画していた。 そして真理子は一足先に1990年にタイムスリップしたのだが、消息を絶ってしまったのだという。死んだと思っていた母と会うため、国家の危機を救うため、借金の取り立てから逃げるために、真弓はドラム式のタイムマシンに乗り込み1990年の世界へと降り立つ。そしてそこで真弓が目にしたものは、バブル景気に沸き立つ東京の異様な光景だった……。

『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』の感想・評価・ネタバレ

  • Minori

    景気の気は気分の気って聞いたことあるけど、まさにそんな感じ お金がたくさんあるとあんなにも人は幸せそうなんだな 最後に急に熱血展開繰り広げちゃう邦画あるある

  • pinkfish
    pinkfish 3 2016年10月9日

    くだらないくて面白いです。 阿部寛さんはカッコいいね!

  • 三日月
    三日月 3 2016年2月8日

『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』に関連する作品