狂った野獣(1976)

日本
rating 4 4
3 2

「狂った野獣(1976)」のスタッフ・キャスト

「狂った野獣(1976)」の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3.5 10月9日

    銀行強盗が逃げ込んだのは京都市営バス。怯える車内の最後部に怪しげなオーラを放つ一人の男が座っていた。 渡瀬恒彦が何者なのか、ここだけがストーリーとしての捻りで後はド直球のカーアクション映画。「日本でもカーアクションが撮れぬか」と中島貞夫が撮った本作なだけに(深作も同時期に『暴走パニック大激突』を撮っている)映画は全編通してカーアクション。絶え間ない暴走と警察車両のクラッシュ。それに呼応するかのように車内は狂気に包まれます。個性豊かなメンバーが詰め込まれた車内は明らかにフィクションそのものですが、それを感じさせない勢いがあります。人物描写がスピーディーな回想で描かれるので全くテンポを損なっていません。映画についていけない観客も多そう。僕はギリでした。もはやカルト映画の域に達していると思います。 渡瀬恒彦のギラギラな眼光がたまらん。ご飯と一緒に食べたら美味しそう。

  • bonkuraman69
    bonkuraman69 4.5 2014年11月5日

    70年代東映映画の中でも傑作ではないでしょうか。 この時期ノリノリの中島貞夫監督と渡瀬恒彦とピラニア軍団とくればハズレなし。 深作の「暴走パニック大激突」と双璧を成す快作です。70年代の中島貞夫と深作欣二は本当に面白い、ハズレなし。 いつみても面白い。この映画には京都映画祭の中島貞夫特集上映で「狂った野獣」→「鉄砲玉の美学」→「893愚連隊」とみてエネルギーが凄くてふらふらになった思い出が(笑)

「狂った野獣(1976)」に関連する作品