男はつらいよ 寅次郎と殿様

男はつらいよ 寅次郎と殿様

1977年製作 日本 99分 1977年8月6日上映
rating 2.8 2.8
6 0

『男はつらいよ 寅次郎と殿様』とは

同名人気テレビドラマ『男はつらいよ』の映画シリーズ第19作目。 脚本は前作『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』に引き続き山田洋次と朝間義隆が共同執筆し、撮影は前作に引き続き高羽哲夫。監督は山田洋次監督である。 主演はテレビドラマ・映画同様の渥美清、共演には倍賞美津子、三崎千恵子、下條正巳。マドンナ役は、『忍ぶ糸』(1973年)で映画スクリーンデビューした真野響子が演じる。そしてゲスト出演には、時代劇の剣劇スターである嵐寛寿郎を迎えた。

『男はつらいよ 寅次郎と殿様』のあらすじ

「フーテンの寅」こと車寅次郎(渥美清)は、旅先からふらっと故郷である葛飾柴又に戻って来た。しかし、さくら(倍賞美津子)の息子・満男(中村はやと)の鯉のぼりを巡って大喧嘩をしてしまい、寅次郎はまた旅に出る。愛媛に立ち寄った寅次郎は、旅館で未亡人の鞠子(真野響子)と出会う。寅次郎は鞠子の身の上話を聞き、何かあれば「とらや」を訪ねるよう伝え別れるのであった。次の日、寅次郎は変わった老人、藤堂宗清(嵐寛寿郎)と出会い、宗清は大洲の殿様の子孫で彼の亡くなった息子が鞠子の夫だと知る。宗清は鞠子に謝る為に、寅次郎に彼女を探してほしいと、お願いするのだが見つからない日々が続く。そんなある日、『とらや』を一人の女性が訪ねてくるのであった......。

『男はつらいよ 寅次郎と殿様』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 寅次郎と殿様』の感想・評価・ネタバレ

『男はつらいよ 寅次郎と殿様』に関連する作品