男はつらいよ 葛飾立志篇

男はつらいよ 葛飾立志篇

1975年製作 日本 97分 1975年12月27日上映
rating 2.9 2.9
8 0

『男はつらいよ 葛飾立志篇』とは

同名人気テレビドラマ『男はつらいよ』の映画シリーズ第16作目。 脚本は前作『男はつらいよ 寅次郎子守唄』に引き続き山田洋次と朝間義隆が共同執筆し、撮影は前作に引き続き高羽哲夫。監督は山田洋次監督である。 主演はテレビドラマ・映画同様の渥美清、共演には倍賞美津子、三崎千恵子、下條正巳。マドンナ役は連続テレビ小説『おはなはん』の樫山文枝を迎え、『日本沈没』(1973年)の小林桂樹が自身が演じた役で登場し、人気アイドルの桜田淳子が出演。

『男はつらいよ 葛飾立志篇』のあらすじ

ある日、久し振りに寅次郎は故郷である葛飾柴又に戻って来た。そこに、「とらや」に女子高生の最上順子(桜田淳子)が車寅次郎(渥美清)を実の父親だと思い込み訪ねに来たのだ。勘違いだと知った順子は落胆。寅次郎は、またおいちゃんこと車竜造(下絛正巳)と喧嘩してしまい、旅に出る。その頃、寅次郎の部屋には大学助手の筧礼子(樫山文枝)が下宿していた。

『男はつらいよ 葛飾立志篇』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 葛飾立志篇』の感想・評価・ネタバレ

  • 星マックス
    星マックス 0 2016年1月1日

    (男はつらいよシリーズは単体で評価を行っていません)

『男はつらいよ 葛飾立志篇』に関連する作品