男はつらいよ 寅次郎子守唄

男はつらいよ 寅次郎子守唄

1974年製作 日本 104分 1974年12月28日上映
rating 2.8 2.8
8 0

『男はつらいよ 寅次郎子守唄』とは

同名人気テレビドラマ『男はつらいよ』の映画シリーズ第14作目。 脚本は前作『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』に引き続き山田洋次と朝間義隆が共同執筆し、撮影は前作に引き続き高羽哲夫。監督は山田洋次。主演はテレビドラマ・映画同様の渥美清、共演には倍賞美津子、三崎千恵子。3代目“おいちゃん”として下條正巳が初登場。マドンナ役は、『日本侠客伝刃』(1971年)の十朱幸代が演じる。また3作目『男はつらいよ フーテンの寅』に出演していた春川ますみが別役で登場。

『男はつらいよ 寅次郎子守唄』のあらすじ

「フーテンの寅」こと車寅次郎(渥美清)は、佐川県の唐津にある呼子港で妻に逃げられ赤ん坊(内村友志)を連れた男(月亭八方)に無理やり赤ん坊の面倒を押し付けられてしまう。困った寅次郎は、故郷である葛飾柴又に赤ん坊を連れて戻るのであった。ある日、赤ん坊が熱を出してしまい病院に連れて行った寅次郎は、看護師の木谷京子(十朱幸代)に出会い一目惚れしてしまう。寅次郎は赤ん坊を連れて、毎日病院に通っていたが、姿を消していた赤ん坊の父親が踊り子(春川ますみ)と現れ赤ん坊を連れて帰ってしまった。これをきっかけに、京子が寅次郎を慰めに「とらや」に立ち寄るようになるのだが......。

『男はつらいよ 寅次郎子守唄』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 寅次郎子守唄』の感想・評価・ネタバレ

  • 星マックス
    星マックス 0 2015年11月9日

    (男はつらいよシリーズは単体で評価を行っていません)

『男はつらいよ 寅次郎子守唄』に関連する作品