男はつらいよ 奮闘篇

男はつらいよ 奮闘篇

1971年製作 日本 92分 1971年4月28日上映
rating 3.4 3.4
12 0

『男はつらいよ 奮闘篇』とは

同名人気テレビドラマ『男はつらいよ』の映画シリーズ第7作目。脚本は山田洋次と前作に代わり松竹の誇るヒットメーカーと呼ばれる朝間義隆が共同執筆し、撮影は引き続き高羽哲夫。監督は山田洋次監督である。主演はテレビドラマ・映画同様の渥美清、共演には倍賞美津子、森川信、三崎千恵子。寅次郎の母親役のミヤコ蝶々が久々に再登場。『望郷』(1971年)の榊原るみが知的障害を持ったヒロインを演じる。その他にも、『若大将シリーズ』の田中邦衛や落語家である柳家小が出演。

『男はつらいよ 奮闘篇』のあらすじ

春、「フーテンの寅」こと車寅次郎(渥美清)は、越後を旅していた。その頃、寅次郎の故郷である葛飾柴又では寅次郎の生みの母である菊(ミヤコ蝶々)が30年ぶりに「とらや」を訪れていた。しばらくして、寅次郎も葛飾柴又に戻り、妹のさくら(倍賞美津子)と共に菊を訪ねる。しかし、寅次郎と菊は再会したものの喧嘩をしてしまい共に葛飾柴又を去ってしまう。そして寅次郎は、旅の途中で知的障害を持った花子(榊原るみ)に出会う。仕事先に上手く馴染むことが出来ず故郷である津軽に帰りたいと嘆く花子に寅次郎は『とらや』の住所を教えた。それから数日後、寅次郎が葛飾柴又に戻ると......。

『男はつらいよ 奮闘篇』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 奮闘篇』の感想・評価・ネタバレ

  • enchang318
    enchang318 4 2017年5月20日

    106.2017.5.14

  • エミデブ
    エミデブ 4 2017年4月26日

    7作目 マドンナがが花子という知的障害者であり、少し異色を放っていることは否めない。しかしそれは、それゆえ、純情や寅さんの人を思う優しさがより一層色濃く描かれている。 スタートは寅次郎の産みの母、菊の話から始まる。唐突に柴又を訪れて寅さんから「嫁を貰うことになった」という旨の手紙を受け取る。あまりにも色恋沙汰が多いのでとらやの人達はどの人を言ってるのかと話し始める始末。あいにく寅さんはその場におらず、菊からもし寅が来たら帝国ホテルに泊まっていると伝えてくれと頼まれその場を去る。その直後に寅さんが現れ、櫻と共に帝国ホテルを訪ねるのだが、、、。 寅次郎と菊の話はここで2度目になるが、なんとも毎回泣かせる展開を考えるものだ。世間や寅次郎からは、子供を捨てた母親という認識をされているが親心というものの残酷なまでの愛情がこの歳になってより一層染みる。 ホテルの部屋の中で、放送禁止用語バンバン使って喧嘩をする親子。寅次郎は、捨てゼリフを吐いて部屋から出て行く。そこでやはり櫻。 「あんなひどい言い方はないと思います。あなたの唯一の息子でしょ?私にとってもただ1人の兄なんです」 その言葉を聞き、菊は泣いて櫻に感謝する。あんなやつのことをそこまで思ってやってくれて、おおきに、おおきに、、、」と何度も口にする。母はやはり母なのである。 そこから花子の出会いへと話がシフトチェンジする。駅のラーメン屋でたまたま出会い、故郷に帰る手助けをする寅さん。なにか問題が起こったら柴又にあるとらやを訪ねろ、そしたらそこの老夫婦が良くしてくれるはずだと。結局、柴又を訪れる花子。とらやの人達は寅が騙してまた、色恋沙汰を起こそうとしてるのはと警察にも連絡ができない。そこに寅さんが来て、仕事をさせてやろうと色々と斡旋するのだが心配性でお節介な寅さんは騙されることを危惧して結局全て辞めさせてしまう。それでも、一生面倒を見ようと覚悟する寅さん。そこに学校の先生がとらやをたずねてくる。なんでも、花子の教師だとか。寅さんがいない間に故郷の青森に連れて帰ってしまう。 例のごとく失恋をする寅。荒れて櫻を殴って出て言ってしまう。その後、自殺を示唆するような手紙が櫻に届き、心配した櫻は青森へと出向く、、、。 山田洋次監督の映画、学校では読み書きのできない学生を演じた田中邦衛が逆の立場になり教師になるのには何かしらの因果があるのだろうが演技はやっぱりあの感じ。

『男はつらいよ 奮闘篇』に関連する作品