続・男はつらいよ
続・男はつらいよ
1969年製作 日本 93分 1969年11月15日上映
rating 3.5 3.5
18 0

『続・男はつらいよ』のminceの感想・評価・ネタバレ

mince

失恋から柴又を後にした寅次郎。でも足はやっぱり柴又へ。妹の待つ家で格好つけるも倍返しでボケを連発されのたうち回りながらも昔世話になった先生宅へ。そこでまた性懲りもなく「続男はつらいよ」塚口2。前作より渡世人らしさや下町っ子らしさがしっくり来る。ハナマルキで爆笑、おかーさーんw。2017年1月13日 このシリーズは子供の頃理解できず、長じて1作目を観劇するも寅さんの雑な横柄さが好きになれず放置していた。正月に劇場が格安でかけてくれるのでがんばって毎年観ています。本作はおもしろかった。寅さんの照れ隠しのカッコつけやそれを受ける家族や廻りとのやり取りが秀逸。話しの柱になる瞼の母とのシーンなど爆笑必至。おもしろかった。