ボーイズ・ドント・クライ
ボーイズ・ドント・クライ
Boys Don't Cry
1999年製作 アメリカ 119分 1999年10月8日上映
rating 3.8 3.8
89 26

『ボーイズ・ドント・クライ』の感想・評価・ネタバレ

  • エミデブ
    エミデブ 4 2018年1月18日

    The Cureの名曲「Boys Don't Cry」がなければ多分、観るのはもっと遅くになっていただろう。 これも1999年ということだから今で言うLGBT映画に分類されると思う。 実話を基に性同一性障害の女性の壮絶な人生を描く。性自認が男で、ボーイッシュな格好をし女であることを隠し生きる主人公。その後に待ち受けるものはあまりにも残酷過ぎるもので、当時の時代的なもの、やっぱりそれこそLGBTなんて世間的に言われることもなく理解が今よりもなかった時代であったこと、それと田舎の閉鎖的な環境が引き起こした要因であると思うとなかなか考えさせられる。 タイトルでもありながら、船の上のシーンでThe Cureのタイトル曲が流れる。元々少し悲しい内容の歌詞が、この映画を観終わって思い返すとさらに悲しくなる名曲だ。 見た目は女性でもやはり中身は男。サビで「男の子はなかないはずだから」と繰り返すこの歌詞が胸に刺さる。 酷いと思いつつ、こんなことは日本でもあったのではないかと思う。頑張って性別を隠し社会に同化し、悲劇を招いたことがあったとしてもおかしくない。

  • 0c_0.

    確かに名作ですね。 これが実話だなんて。 戸惑います。☆無しで。

  • Rin

    ある意味青春映画だが、どんよりしてる。途中から、気分が悪くなってしまいました。。それ位リアルだったんだと思う、こういった事件があったことはとてもかなしいけれど、この事件を知ったからには、性同一障害を抱える人々について一度考えるべきではないかと思う。

  • めろん餃子
    めろん餃子 4 2015年5月19日

    つらい

  • Nkmz

    強いメッセージ性を感じた。 主演ヒラリースワンクの圧巻の演技。

  • 伊吹かなめ
    伊吹かなめ 1 2014年8月20日

    実話か。失敗した。 序盤からかなり飽き飽きしていたが、 盛り上がってから終わりまでも酷すぎます。 実話なら仕方ないですね。 事前知識なしで見る癖があるので自業自得でした。 田舎の社会は恐ろしい、ということのみを 性同一性障害を使って徹底的に描いた作品です。 ティーナは危機管理能力が足らず、 流されやすく、少女のように幼稚だった。 それは21にもなって、地元から出たことのない 経験不足も原因の一つではないかと思います。 男と言うものがどういうものなのか、 知るすべがなかったことも…。 ただ、ティーナはそれを 誰のせいにするわけでもなく、 誰も助けてくれない中で一人で頑張っていたのは、 素晴らしい生き方だと思います。 男から女になるよりも、 女から男になるほうが大変でしょうから。 ジョンらはもうどうしようもないですね。 実際ああいうクズはたくさんいるでしょう。 話も通じないような人間は存在するという事実を この映画で多くの人が知れるならば、 この映画にも意味があるかも知れません。 でも実際に自分の目で見ないと、 そういう人がいるという現実を、 人は理解できないようにも思います。

  • Hiroki Nagasima
    Hiroki Nagasima 5 2014年7月3日

    人の冷たさ。人との関係。すごく怖かった。 愛があったかくて、悲しすぎる。

  • Ai Tsuyoshi
    Ai Tsuyoshi 4 2014年6月12日

    主演のヒラリー・スランクのアカデミー主演女優賞授賞作。 性同一性障害のブランドン。どこに行ってもバカにされ、変態扱いされる。 刑務所帰りの2人の男に会い、仲間もでき、恋もするが…。 性同一性障害だとわかった時の、友だちが友だちじゃなくなっていく、人間扱いされなくなっていく、人間の心がやるせない。

  • なん こつ
    なん こつ 4 2014年5月4日

    観終わった時のモヤモヤ感がすごい ただ、ヒラリー スワンクの演技が良かったです

  • kanakoooo
    kanakoooo 4 2014年3月9日

    言葉がうまく出てこない。リアリティで。実話だと知って。

  • Yukinaga Furui
    Yukinaga Furui 3 2014年3月8日

    同性愛者がまだ世間強く拒絶されていた頃に、実際に起きた殺人事件を基に作られた作品。 リアリティーがあり常に緊迫しているので、見ていて重く辛いです。 衝撃のラストはお見逃し無く。

  • Naoko Kanehira
    Naoko Kanehira 4 2014年2月23日

    この映画のチラシ、今でも持ってる。映画館を出た時のあの空虚感。。と同時にかなりの衝撃を受けた。当時、まだ性同一性障害についてはほぼ無知な状態だったけど、この映画を見てややしばらくこのテーマについて考えたことを覚えてる。 ただ恋愛の相手が同性というだけで、こんなにも差別的で生きづらく、そしてその人がその事を隠さざるを得ない状況で自分の身の回りにもいるかもしれないという事実。声をひそめず ただの身体的特徴として周りの人に言える日が早くきたらいいと思う。 ヒラリー・スワンクの名演に圧倒されること間違いなしです。

  • Tetsuaki
    Tetsuaki 3 2014年2月15日

    ブラントン・ティーナ殺人事件(実話)。 性同一性障害の話。 重い、重い、重い。

  • Ken-Chang
    Ken-Chang 5 2013年11月24日

    性同一性障害の女の子がチンピラと出会ってその恋人に優しくされます。 アイデンティティの確立は業の深い人にとっては永遠のテーマなのであろうと。

  • 龍之守
    龍之守 3 2013年10月9日

    これ実話なんだよね。。。?

  • Eri__Kamoshita
    Eri__Kamoshita 0 2013年5月18日

    I deeply thought about gender identify disorder through this movie.It's very real cause this is based on a true story. In the end of this movie, it was so tragic and I had goosebumps... We have to keep in mind everyone is different.

  • _ryo_o

    人称代名詞の残酷さが際立つ.しかもそれを日本語で理解するのは僕には難しい. いやだからこその映画なのだ,と.観ることがとても力になるような. もう色々思うことがありすぎて感想が書けない!!

  • tmmyon

    もうなんだよ、なんだよ、世の中いろんなことで凝り固まってて生きにくいんだよ! って思った映画。 もう、悲しいとかでは片づけられない。怒りに近い感情が生まれる。 こんなにいっぱいの人がいるんだから男と女とかそんな二つに分けられるはずないだろ。肉体的にも精神的にもきっぱり2つのセクシュアルアイデンティティなるものがあるって考えがそもそも間違ってる。 作中で、「外は美しい。あの空の下で生きたい。」みたいな台詞があるんですけど、本当に純粋で心打たれました。 こんな風に感情移入してしまうのは、ヒラリースワンクの演技力が助力しています。 これは名作だと思う。必見!!

  • marylove
    marylove 4 2012年11月1日

    辛すぎる。。。

  • hukehukue
    hukehukue 0 2012年9月19日

    間違いなく、名作。