ロボットガールズZ

ロボットガールズZ

rating 0 -
0 0

『ロボットガールズZ』とは

70年代のロボットアニメ界を席巻した『マジンガーZ』『グレートマジンガー』『グレンダイザー』といったロボットを美少女化したコメディ作品。CSチャンネルで放送されたりネットで配信されたりした後、全話に新作エピソードが追加された形で劇場公開された。監督は『それが声優!』の博史池畠、脚本はライトノベル作家でもある兵頭一歩。キャラクターデザインは川上哲也。出演は本多真梨子、水瀬いのり、荒浪和沙、内田真礼、津田美波など。

『ロボットガールズZ』のあらすじ

舞台は東京都練馬区にある大泉学園光子力町。Zちゃん(マジンガーZ)、グレちゃん(グレートマジンガー)、グレンダさん(グレンダイザー)のロボットガールズ3人娘は、光子力の宣伝をしていた。光子力はなかなか研究成果が出ず、政府からの援助もストップしてしまって研究所の財政がピンチなのだ。やる気もなくダラダラと宣伝をしていたZちゃんたちの前に、アルバイトのコンパニオンがやってくる。しかしそのコンパニオン2人は怪しい……。やっぱり研究所の敵で、戦闘状態へと突入する。その後も光子力を狙って、あしゅら男爵や機械獣ガールズが襲来する。

『ロボットガールズZ』のスタッフ・キャスト

『ロボットガールズZ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ロボットガールズZ』に関連する作品