フィラデルフィア物語 (1940)

フィラデルフィア物語 (1940)

The Philadelphia Story
アメリカ 1948年2月1日上映
rating 3.4 3.4
7 2

『フィラデルフィア物語 (1940)』のスタッフ・キャスト

『フィラデルフィア物語 (1940)』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 2 2018年12月22日

    夫と別れて二年後、再婚する上流階級の女の元に前夫が記者二人を連れて現れた。 今彼、元彼、新しい男と3人の男の間で揺れ動くお嬢様。こういうタイプの映画、現在もアメリカなんかを中心にジャンジャン撮られているイメージです。この手のラブコメの原型ということでしょうか。いまいちこういう映画に身が入らないので少し評価は低めですが、面白くよくできた映画です。 みんなキャラクターが立っている。他の方のレビューにもありますが、ジェームズ・スチュアートがキュート。酔っ払ってフラフラしてるところなんてめちゃんこ可愛いです。僕ならジェームズ・スチュアート選ぶかなあ。

  • けんしろー
    けんしろー 2 2018年6月20日

    お金持ちのお嬢様。愛したはずの夫と別れてしまう。二年後、お嬢様は別の男と結婚すると知り止めに駆けつける。世間知らずのお嬢様を巡り、酒によって人生を左右する。

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2017年9月1日

    上流階級で賢くプライド高い「女神」と崇められるキャサリン・ヘップバーン、未練がましい元夫ケイリー・グラント、パパラッチとして近づく作家ジェームズ・スチュワート。最初から捻りが効いていて、結婚式前夜に四角関係勃発!って展開もどう転ぶのか最後までわからない。速いテンポで洒落た台詞の応酬、コミックリリーフに笑わせる妹などユニークに彩る脇役陣。そして男たちを翻弄しながら真実の愛を求めるヒロイン、これぞロメコメ。勿論キャサリン・ヘップバーンは魅力だけど、いちばんチャーミングなのはヒョロリとして自虐的な愛嬌溢れる若きジェームズ・スチュワート!今で言う、ナードっぽいリアクションがたまらない!

『フィラデルフィア物語 (1940)』に関連する作品