岸辺の旅

岸辺の旅

2015年制作 日本 128分 2015年10月1日上映
rating 3 3
28 21

『岸辺の旅』のあらすじ

夫の優介(浅野忠信)が失踪してから3年。妻の瑞希(深津絵里)は喪失感を経て、ようやく、ピアノを人に教える仕事を再開し、日々を暮らしていた。 そんなある日、突然、夫が帰ってきた。そして、帰宅した優介は瑞希に「俺、死んだよ。」と告げる。そして「一緒に来ないか、きれいな場所があるんだ。」という優介に誘われるまま、2人で旅に出る瑞希。 それは夫が失踪してから、自宅に戻ってくるまでの3年間でお世話になった人々を訪ねていく旅だった。 ひとつめの町では新聞配達を生業とする孤独な初老の男性を、 ふたつめの町では小さな食堂を営む夫婦を、 みっつめの町では山奥の農園で暮らす家族を訪ねる2人。 失われた時を巡るように、優介と一緒に過ごし、優介が見たこと、触れたこと、感じたことを、同じ気持ちで感じていく瑞希。 旅を続けるうちに、瑞希はそれまで知らなかった優介の姿も知ることになる。 お互いへの深い愛を、「一緒にいたい」という純粋な気持ちを改めて感じ合う2人。 だが、瑞希が優介を見おくり、言えなかった「さようなら」を伝える時は刻一刻と近づいていた―。

『岸辺の旅』のスタッフ・キャスト

『岸辺の旅』の感想・評価・ネタバレ

  • Ayano
    Ayano 0 20日前

    映画公開後、映画を見たいなあと思いながら原作を読んだ。よく分からないまま終わって、映画もやっぱりよく分からないままなんだけど、脳が勝手に解釈して理解しようと頑張っている。

  • とし
    とし 2 1月30日

    全体的にどんよりした感じで死んだ夫が普通に行動するのはちょっと怖ささえ感じた。もう少し幸せなラブストーリーだと勝手に思っていたので違う展開に戸惑いばかり。深津絵里と浅野忠信のナチュラルさは素敵。

  • 保津稔
    保津稔 4 2017年3月8日

    まさか黒沢清監督映画で癒されるとは。トンデモ設定の捉えどころの無い映画で、ずっと「?」が付いて回るというか、不安になるんやけど、段々と憑き物が落ちて行く感じ。明日からの日常が変わる映画。

『岸辺の旅』に関連する作品