男はつらいよ 旅と女と寅次郎

男はつらいよ 旅と女と寅次郎

1983年製作 日本 101分 1983年8月6日上映
rating 3 3
5 0

『男はつらいよ 旅と女と寅次郎』とは

旅先で出会った失踪中の人気演歌歌手と寅次郎の恋を描く、映画シリーズ第31作目。今回のマドンナ役は、人気演歌歌手である『アンコ椿は恋の花』の都はるみが演じる。渥美清が都はるみの大ファンだったことから実現されたと言われており、劇中の京はるみという役名は都はるみがデビュー時に決まっていた芸名である。その他ゲストには、『連合艦隊』(1981年)の藤岡琢也、『テレビドラマや映画など幅広く活躍するベンガルらを迎える。

『男はつらいよ 旅と女と寅次郎』のあらすじ

「フーテンの寅」こと車寅次郎(渥美清)は、久し振りに故郷である葛飾柴又にふらっと戻った。しかし、寅次郎はさくら(倍賞美津子)の息子・満男(吉岡秀隆)の運動会を巡って『とらや』の皆と喧嘩してしまい、再び旅に出ることに。そして、新潟に辿り着いた寅次郎は、そこで商売を始める。そして、新潟で失踪中の人気演歌歌手の京はるみ(都はるみ)に出会い、二人は佐渡島への旅に出るのであった。しかし、プロダクションの人に見つかり二人の楽しい旅は終わってしまう。傷心の寅次郎は葛飾柴又に戻るとはるみの歌ばかり聴いていた。そんなある日、寅次郎の元に突然はるみが訪れ......。

『男はつらいよ 旅と女と寅次郎』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 旅と女と寅次郎』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『男はつらいよ 旅と女と寅次郎』に関連する作品