フューリー (2014)
フューリー (2014)
Fury
2014年製作 アメリカ 135分 2014年11月28日上映
rating 3.8 3.8
350 102

『フューリー (2014)』のTate Keigoの感想・評価・ネタバレ

Tate Keigo
Tate Keigo 4 2015年3月27日

メッセージ性が強いと思います。 ノーマンという1人の青年が戦場で人が変わっていく様子を描いています。 人ひとり殺せなかったが、本当の戦場を目の当たりにすることで、変わっていき、人から『マシン』へと変わっていきます。 戦場ではマシンにならないと、生き残れないというメッセージを出しつつも、最終的にはその『人間性』によって救われる。 それの、現実を突きつけつつも、理解し、そして手を差し伸べるドンの人間性。 よかったです。色々と考えさせられます。