『紙の月』のアピ野郎の感想・評価・ネタバレ

アピ野郎
アピ野郎 4 2014年12月26日

幸せな瞬間 それが長くは続かないことを主人公も、観ている観客もわかっている それが切なくて、切なくて いつその幸せが崩れてしまうのか、その瞬間を観たくて、観たくなくて、魅入ってしまった