ベイマックス

ベイマックス

Big Hero 6
2014年製作 アメリカ 102分 2014年12月20日上映
rating 3.9 3.9
1224 192

『ベイマックス』とは

アメリカのマーベルコミックス『ビッグ・ヒーロー・シックス』をディズニーがアニメ映画化。第87回アカデミー賞長編アニメ賞を受賞。また同時上映された『愛犬とごちそう』が短編アニメ賞を受賞し、W受賞となった。世界興行収入は6億5千万ドルを突破し、2014年アニメーション映画の中で最もヒットした。監督は『くまのプーさん』のドン・ホールと、『アナと雪の女王』のクリス・ウィリアムズ。制作は『塔の上のラプンツェル』のロイ・コンリ。『トイ・ストーリー』でアカデミー賞特別賞を受賞したジョン・ラセターが制作総指揮を務める。『ピクセル』、『シュガー・ラッシュ』のヘンリー・ジャックマンが音楽を担当している。日本とサンフランシスコが融合された架空都市が舞台となっている。

『ベイマックス』のあらすじ

未来都市サンフランソウキョウに住む主人公の少年ヒロは、大学生の兄タダシと暮らしていた。ヒロは天才的な化学の才能を持っており、飛び級で高校を卒業したが、夢も目標もなく毎日を過ごしていた。ある日、ヒロはタダシに大学へ連れて行かれ、ロボット工学と出会い、大学に入りたいと思うようになる。大学の発表会で、ヒロは自分で作った小さなロボットを提案。教授から高評価を得ると、大学への入学が決定した。しかしその直後、会場で爆発が起こり、兄のタダシが死んでしまう。タダシの死を前に、悲しみに暮れるヒロ。そんなヒロの前に現れたのは、タダシが作ったケアロボット「ベイマックス」であった。

『ベイマックス』のスタッフ・キャスト

『ベイマックス』の感想・評価・ネタバレ

  • Erika

    可愛い。好き。 ぽってりとした絶妙なフォルムとお茶目なキャラクターに癒されること間違いなし。マーベル好きならぜひ。ラストの展開はちょっとアレ?だったけど日本のユニークな描写も楽しくて総じて好きな映画。

  • southpumpkin
    southpumpkin 2 2019年11月22日

    ロボット工学を学ぶ兄を超える才能を持つ天才少年は不慮の事故で兄を失ってしまう。そんな兄が残したのは白くて丸いケアロボット、ベイマックスだった。 マーベルを買収したディズニーが手掛けるハイブリッドな映画。ストーリーはかなりマーベルの色合いが強い。ヒーローものであるし、予期せぬ悪役の登場などもある。昨今のディズニー映画を期待して鑑賞すると少し面食らうかもしれない。クライマックスのアクションシーンは十分に『アベンジャーズ』である。本作はマーベル映画がディズニーというフィルターを通過して、あるいは濾過されて完成された異色の映画であることに意味があると思う。ディズニーらしい、それこそプーさんみたいなベイマックスが突如アイアンマンの如きスーツに身を包むのだから面白い。

  • maki

    ベイマって呼んでる

『ベイマックス』に関連する作品