グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
Grace of Monaco
rating 3.2 3.2
123 83

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』の感想・評価・ネタバレ 2ページ

  • Satoko Fujiyoshi
    Satoko Fujiyoshi 4 2014年11月14日

    ニコールキッドマンが美しい。。。 女優を演じている場面が印象的でした。見終わった後、女性として生きていく強さをもらえる感じ。

  • Junya  Hagimoto
    Junya Hagimoto 3 2014年11月11日

    ニコール・キッドマン見たさに行ったけれど、政治的な側面もあり結構見所の多い作品

  • みちこ
    みちこ 4 2014年11月8日

    とにかく、今までこんな綺麗な女優さんは見たことない、ってくらい絶世の美女だと思うグレース・ケリー。 この人の役をするのは正直キツかったんじゃないでしょうか。 確かに、ニコール・キッドマンも綺麗です。でもなー、なんかやっぱり違うのよね。しょうがないけど、グレースの方が清楚な感じが溢れてる。 少しだけ状況は何かで見ましたが、公妃になられたのが何せ私が生まれる前なので(笑)ヒッチコックの映画を観てあまりの綺麗さにうわ〜!って思ったことくらいしかしらないのが本音。 「裏窓」で初めて観たのでした。 王室、本当にいろんな苦労があるんですね。敵もいっぱい。 この作品、亡くなるまでの話ではなかったのか。

  • MACCHO
    MACCHO 3 2014年11月3日

    舞踏会の名目で、各国首脳の前でスピーチの場を設けたのはうまい。 また、会場や衣装の豪華さも合間って、とても印象に残るシーンになっている。 講師に習ってモナコの言葉や文化を学ぶ場面は、「英国王のスピーチ」を彷彿させる。

  • hikarumam
    hikarumam 2 2014年11月2日

    ウーン、なんとも感想のない映画でした。 盛り上がりも無いまま終わった。 グレースケリー、ハリウッドから王室に嫁ぐなら、それくらい覚悟はしといた方が、と個人的には思いました。 映像は綺麗でした。

  • Harumi Terasaki
    Harumi Terasaki 3 2014年10月31日

    2014/10/31 八丁座 弐

  • xuenu

    仕事帰りの二本立て がこたえるようになって きた(。>д<) 寝ながら見てたのね?よく分かっらなかった

  • ナル

    映画館の広告見て気になったんでなりました!見たけど…久しぶりに失敗した ストーリーじたいはいい話なんだけど演出が意味わからなすぎて、え?、ってなる あとグレース・ケリーとか事前情報をある程度勉強しないときつい

  • flowermurmur
    flowermurmur 3 2014年10月24日

    女優から大公妃になったグレース・ケリー。誰もが羨むおとぎ話だけど、実際はそう簡単でもなかったみたい。女優になるくらいだから元々気は強かったんだろうけど。あまりにも身分の違いすぎる家には嫁ぐもんじゃないなと思いました(心配無用)。 途中ちょいちょい出てくるニコール・キッドマンの超アップ。TCXの巨大スクリーンに映ると目のやり場に困るっていうか(笑)。シワ一つないのも作り物みたいでやっぱり違和感ある。ラストシーンだけ、本物のグレース・ケリーに見えた。画面ザラザラなのはワザとかな。

  • Yoshi

    2014/10/22 グレース・ケリー、素敵な女性です。 ニコール・キッドマンの美しさも光ってましたが。

  • 古俣孝和
    古俣孝和 3 2014年10月21日

    アメリカの愛の女神。 スピーチシーン

  • Futosi  Saito
    Futosi Saito 3 2014年10月19日

    宮殿など豪華な建物に、華麗な衣裳やアクセサリーの数々。 観客が夢見る「おとぎ話」の世界を見せてくれる映画だが、同時に一人の女性の意志と、それを演じる女優キッドマンの決意をも見せてくれた。

  • まりまりん
    まりまりん 2 2014年10月18日

    2014.10.18@TOHOシネマズららぽーと横浜 ただただニコール・キッドマンが綺麗だったなぁ、て映画だった。あとモナコも。

  • Tetsuya Kaji
    Tetsuya Kaji 3 2014年10月18日

    10/18 ミント神戸 ママちゃんと一緒 ニコールキッドマンはまだまだ綺麗… 映画はこれといった盛り上がりもなく普通でしょうか

  • wakamewatts
    wakamewatts 4 2014年10月18日

    この映画、二コールキッドマンが演じるハリウッド女優グレースがモナコ王妃になって、政治問題に巻きこまれて苦労の末、夫と国民を救うという閲話だ。フィクションだという。この映画を見る前に、モナコ王国という国の成り立ちを学ぶと理解し易い。モナコは世界第二位の小国で、フランスとイタリアの国境に位置するため、常に侵略の歴史だった。この物語は1949年からのレーニエ3世の話である。女優が王妃になって、世間から批判やからかいの目で見られていた。自由奔放に思いを発言する王妃は、国王の取り巻きから煙たい目で見られていた。やがて、フランスとの関係が悪化。小国モナコは崩壊寸前。王妃は最後の秘策に希をかける。(#14-136)

  • HM world-traveller
    HM world-traveller 3 2014年10月18日

    ニコール・キッドマンは、地位・富・あるいは名声などを手中にしながら家庭や個人的事情には問題を抱える気の強い女性役が似合いますね。醸し出す雰囲気がフォーマルなこともあいまってグレースケリーは適役だと思います。あの演説がこの映画のすべてでしょう。風光明媚なモナコの風景も、モナコの流儀を身につける日々も、ステークホルダーや側近との軋轢や駆け引きも、すべて最後の演説への序章という感じです。モナコの風景に、ヨーロッパならではのクラシックで格調高いインテリア、ロイヤルファッションなど、視覚的に楽しめる要素が多く飽きずに観れました。が、レーニエ公との絡みのシーンが少なめで今ひとつ描写不足な感があり、終盤2人がモナコを守るために一緒に尽力するようになってもなお、さほど強い絆を感じませんでした。そこがもう少し繊細に描かれていたら、最後の演説でもっともっと心を揺さぶられたのではないかと思います。強い意志をもって行動を起こす女性の姿が好きです。

  • ゆう

    事実に基づくという前置きに囚われ無ければ面白かった。 ただ、"世紀の大芝居"までなんか長く感じられてしまった。 ニコールはやっぱり好きな女優です。

  • yk2220s

    10/18公開。 美しいモナコの景色や日常風景、エレガントな宮殿や小道具・カルティエやディオールなど有名ブランドが協力した華やかな衣装やジュエリー。そしてグレース・ケリーを演じきった麗しきニコール・キッドマン。そして独特な照明感など目が幸せな映画。 ストーリーは『英国王のスピーチ』のよう。愛のためにモナコ大公妃を演じたグレイシー。「おとぎ話のような人生なんておとぎ話」。世間からみたらおとぎ話。でもその裏にはそれを演じる人々の努力とドラマ。少し政治的な背景が複雑なので予備知識が必要かも。 しかし劇中せっかく努力するのだけど、いまいち活かしきれてないような。その点と「愛=献身」という点がいまいち消化不良。 それでも「選択」してそれを完璧にやり遂げたラストは良かった。