ギヴァー 記憶を注ぐ者

ギヴァー 記憶を注ぐ者

The Giver
2014年製作 アメリカ 97分 2015年9月5日上映
rating 3.2 3.2
19 8

『ギヴァー 記憶を注ぐ者』とは

近未来を舞台に、完全な平和を実現した管理社会で“記憶を受け継ぐ者”に任命された青年の運命を描くSFアクション。原作はアメリカの児童文学作家ロイス・ローリー著『ザ・ギバー 記憶を伝える者』。監督は『パトリオット・ゲーム(1992年)』『ボーン・コレクター(1999年)』のフィリップ・ノイス。主演は『マレフィセント(2014年)』でフィリップ王子を演じたブレントン・スウェイツ。出演は『トロン(1982年)』『トロン: レガシー(2010年)』のジェフ・ブリッジス、『プラダを着た悪魔(2006年)』『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011年)』のメリル・ストリープなど。アメリカの人気歌手テイラー・スウィフトも出演している。

『ギヴァー 記憶を注ぐ者』のあらすじ

理想郷「コミュニティ」、そこは人々の記憶を消し去り、感情や感覚を薬でコントロールすることにより、争いのない平和な社会を実現していた。その中で成長した青年ジョナス(ブレントン・スウェイツ)は、コミュニティの記憶を次世代へ繋ぐ「レシーヴァー(記憶を受け継ぐ者)」に任命される。主席長老(メリル・ストリープ)の命令で、ジョナスはコミュニティ全ての記憶を持つ唯一の人物「ギヴァー(記憶を注ぐ者)」(ジェフ・ブリッジス)から、人類の記憶を伝承されていくのだが、次第にコミュニティの過去や人類の功罪、そして今まで知ることのなかった愛や憎しみなどの感情を知り、コミュニティそのものの在り方に疑問を抱いていく。

『ギヴァー 記憶を注ぐ者』のスタッフ・キャスト

『ギヴァー 記憶を注ぐ者』の感想・評価・ネタバレ

  • 福庭恭平
    福庭恭平 3 2016年10月10日

    設定がおもしろい けど、途中まで見せ方は短調 でも終盤にかけての音楽とともに物語が高揚していく感じはよかった、けど主人公の友達が主人公をドローンで捕まえようとする時に嘘を付いて普通の人間みたいな振る舞い方をしたのは確実に設定とズレていて萎えた

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2016年9月15日

    絶対的に管理された世界、選ばれし若者…YAファンタジーSF原作のパターンですな。そこの指導者がメリル・ストリープ、主人公を導くのがジェフ・ブリッジス。脇にはケイティ・ホームズやアレキサンダー・スカルスガルド。これもパターン。但し、シリーズものと違って話はごく単純。偽りの善き世界で、タブーとされる過去の記憶を伝授された青年が人間らしさに目覚めてく。モノクロ画面が徐々に色付いていったり、テーマを説明する映像がどっかのCMみたいで薄っぺらいけど、中学生くらい向けだと思えば非常にわかりやすくて良いんじゃないでしょうか。主役ブレントン・スウェイツやキャメロン・モナハンなど若手キャストはみんな可愛い。

  • ゆう

    近未来、荒廃した世界に作られたユートピア。そこではユートピア以前の記憶を消し、人間の感情を抑制することで平穏に暮らしていた。 一生の仕事が決まる儀式の日、ジョナスはユートピア以前の記憶を受け継ぐという特別な仕事に就くことになる。記憶を取り戻したことにより以前から違和感を感じていた灰色のユートピアから色鮮やかな世界を取り戻そうとするお話し。 設定だけ聞くと『ダイバージェント』シリーズの様なイメージですが、感情 という題材をメインで扱っているので抽象的で『ツリー・オブ・ライフ』のような雰囲気でした。 人間の感情が人を傷つけ、人を殺し、世界を壊す戦争となる。 ユートピアに住む彼等はそう信じて暮らしています。 ジョナが記憶を引き継いだ時に見た戦争の光景の心配はその世界にはないけど、色鮮やかな景色、愛する人への気持ち。美しい、楽しいという気持ちは無く、それなどれだけ素晴らしい事かという事を伝えると共に人間は弱く脆い反面強くて図太いということも教えてくれるような映画でした。 ただ、抽象的でテーマが大きいだけに陳腐な所が際立ってしまっているので低評価なのも納得です。 それでも僕は最後は彼等と共に涙が頬を伝ってました。 ブレントン・スウェイツとキャメロン・モナハンというお気に入りの2人を目当てに行った映画ですが、アレクサンダー・スカルスガルドやテイラー・スウィフトという話題性のあるキャストも見所です。 追記:ユートピアではなくああいうのはディストピアというそうです。

『ギヴァー 記憶を注ぐ者』に関連する作品