ショート・ターム
ショート・ターム
Short Term 12
rating 4.1 4.1
158 129

『ショート・ターム』の感想・評価・ネタバレ

  • woo19oo

    傷みは傷みを経験したものにしか わからない。経験者と未経験者では響きがちがう。たとえ同じ言葉を口にしても。 今がどんなに苦しくても、それが未来の自分の厚みになるなら。そんな希望を持たせてくれる映画。 この世は薄っぺらなニセモノに溢れている。自分の目で耳で本物を感じとっていかなくては。 LOVE IS ALL。

  • ももか
    ももか 5 2017年1月4日

    傷じゃなくてもわかりあえたら。とおもった。どうしようもなくなっちゃうかんじとか、グレイスが無理なのっていっちゃうかんじとかすごくわかってくるしかった。でもとっても愛おしくもなるえいが。歪だからこそ美しいものにであったときその美しさがだれよりもわかるとおもう。

  • まつり
    まつり 5 2016年8月21日

    痛みを理解してくれる人の尊さと痛みを理解できることの強さ脆さを思った

  • ♡nanami
    ♡nanami 4 2016年7月9日

    いい。いろんな要素が 疲れた時、自分が小さくなってる時にみたい。 主人公は強くて弱い 最後にマントをかぶって施設を逃げるシーン 最初の逃げるシーンとは違う心境なんだろうな もう一回みたい映画。

  • chuchupachups
    chuchupachups 4 2016年5月19日

    グレイスが大きな人間すぎるなと思った。。私だったらあんな深いトラウマ、施設で働いてること(こどもたち一人一人と向き合わなきゃいけない)、妊娠していること(マタニティブルー?)で精神おかしくなって現実から逃げたくなっちゃいそう。 それでも前を向けるのはグレイスを支えてくれる存在が、また大きい愛を持ってるからなのかなあ。 メイソンが料理するシーン好き!変な帽子とレッドベルベットカップケーキ♡

  • YU66 RAMONE
    YU66 RAMONE 5 2016年2月5日

    10代の少年少女の短期保護施設での ヒューマンストーリー。 何らかの事情で預けられている子供たち、 施設で働く大人たちにも悲しい過去。 人は1人では生きていけないし、 自分を理解してくれたり包んだでくれる人が必要だという事。 また人の悲しみを理解するには、 自分も辛い経験を実際味わったり、 それを乗り越えた人の方が良いと思う。 胸が締め付けられたり、でもあたたかい涙も流れる感動作です。

  • ikki

    ラベルがオシャレだなーと軽い気持ち鑑賞したら、内容がずっしりしてて、もっと早くこの映画を観ればよかった。 リアルな演技に引き込まれました

  • manikademonika
    manikademonika 0 2016年1月22日

    雰囲気すごく好きだったなん

  • ごとー
    ごとー 0 2016年1月20日

    2016/01/20 新人の奮闘記とかじゃなく、立ち止まったままだった人たちが少しだけ前を向くようないい映画だった。たぶん見えてないだけで親からの虐待だったりいろんな事情で親元を離れなきゃいけなかったりってたくさんいるんだろうな…。

  • 透明

    心がじんわりあたためられました

  • senceofwonder
    senceofwonder 3 2016年1月1日

    心が開くときの、ぱたぱたという羽虫の羽ばたくような音がたくさん聞こえる、素敵な作品でした。 問題はあるべきところに綺麗に収まり希望が見えるのに、 それでも 全ての子供は癒せないし、全ての親を裁くことは出来ない。 正義とは言えないそんな一言に、ひりひりする現実に引き戻される。

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2015年10月27日

    とても良い映画です。いろいろなエッセンスが含まれ、良い意味で一筋縄ではいかない映画だと思いました。 子ども一時預かりで働く主人公の女性と一緒に働く彼氏の男性がふとした出来事で少し大きな壁を乗り越えていく話。孤児院の話なんてもう出尽くされているような気がしますが、本作は優秀な職員に支えられトラウマを乗り越えていく子ども、ばかりに主観が置かれているのではなく、むしろその多くを自らもトラウマを抱えた職員にも置かれています。思い悩む子を見て、思い悩む自分。ショートタームに集う人々は皆そのような心に傷を負った人なのです。新人職員についても、全く同じことが言えるでしょう。 しかもむしろ主人公となる女のほうが脆いのです。ある少年はラップで自分の思いを表現し、ある少女は童話で自分の思いを表現する。しかし、主人公はバットを振り回すことしかできない。 主人公は多くのことを子どもたちから学んだのだと思います。少女の最後の一言に主人公は光を見出し、互いに救済が合ったと言えます。最近鑑賞した『セッション』が共に破滅への路を歩んでいるので、本作と『ショート・ターム』は全く違う映画だが対になっているとも言える作品だと思います。

  • Yuri  Kato
    Yuri Kato 4 2015年10月20日

    重くて苦しいと思いきや、最後は前向きで、浄化された。最後グレイスのお腹でうごく胎児をみて泣くシーンで涙でた。

  • Purazo

    やさしさが溢れてる映画。すてきです。

  • mizukii

    重たいんだろうなあ…って覚悟して見たけど、そうじゃなかった。決して軽い話ではないし楽しいたのしい話ではないけど、なんだかすごくあたたかくて。 みんなみんな、苦しみを抱えてる。 精神的にも肉体的にも、その人には消えない傷が残る。 人を傷つけるのは人で、でもその傷を癒すのも救うのも、間違いなく人で。そして、誰かを癒していくうちに、その人もまた、癒されていく。 大切な人に教えたくなる映画だった。

  • めぐみ
    めぐみ 4 2015年9月27日

    面白い。心に傷をもった子どもたちがいる施設が舞台で、子供中心の話かと思ったら施設で働く職員がメインでした。職員目線でのストーリー展開で、働く大人にも過去に訳ありの人たちで、子供と大人が互いに支え合うところに感動しました。いい映画です。

  • Ken-Chang
    Ken-Chang 5 2015年9月6日

    観ていて、とても丁寧に大切に心をこめて作られたことを感じる、最近の中では特に誰かに教えたくなるいい映画でした(^^) 未成年保護施設で、職員の陽気な無駄話から始まり、保護されている子供達のあまりに苛酷で哀しいリアルな環境が展開し、そして主人公の女性職員が抱える暗い過去も少しずつ明らかになっていきます ほんの少しのショットや演出がほんと見事で、ワンシーンの間で時間的な空白があったことを示唆していたり、裏で繰り広げられたであろう別物語を想像させたり、だからこそ短い時間でも広がりのある物語が出来たのだと思います 最後のスローモーションでの疾走シーンはほんとに清々しく開放感がある美しい名シーンでした(^^)

  • Shohei Yamamura
    Shohei Yamamura 4 2015年7月8日

    15.07.08

  • Coharu

    複雑なのに求めてるものはシンプル。誰かに愛されること、誰かを愛すること。心が開ける瞬間の 嬉しくて、けど少し恥ずかしいような表情にぐっときた。

  • TM

    精神疾患のある児童施設のストーリーと知らず観てしまい後悔。