怪獣島の決戦 ゴジラの息子

怪獣島の決戦 ゴジラの息子

1967年製作 日本 85分 1967年12月16日上映
rating 3 3
6 0

『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』とは

ゴジラシリーズの第8作目作品。本作では初めてゴジラの子供ミニラが登場する作品。舞台は南の島となっており、グアム島でのロケが行われたことでも話題となった作品である。監督は前作に引き続き軽快な演出が持ち味の福田純が担当、特撮部分の監督は円谷英二の愛弟子としても有名な有川貞昌が担当している。主役の楠見博士を髙島忠夫が、ミニラがなつく島の少女を舞台やミュージカルでも活躍する前田美波里が、「アイスキャンディー作戦」を取材しようとするジャーナリスト伍郎を特撮映画に数多く出演している久保明が演じている。

『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』のあらすじ

南太平洋に浮かぶゾルゲル島では楠見博士を中心とするチームがある実験を行っていた。人間の手で気象をコントロールしようというものであった。それは今や世界的な問題となっている爆発的な地球の人口増に伴う食糧難への対応を行うために進められていたのだった。その名も「アイスキャンディー作戦」。この作戦を聞きつけたジャーナリストの伍郎は勝手に実験チームに押しかけスタッフとなっていた。さて、準備も整いいよいよ作戦開始。作戦が成功すればこの島は凍結するはずであった。しかし、謎の電波により作戦は失敗、凍結どころか、島は異常に気温が高くなってしまう。

『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』のスタッフ・キャスト

『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』の感想・評価・ネタバレ

  • 保津稔
    保津稔 2 2016年8月19日

    色々わけ分からんのやけど、ここまでくるといいんじゃないか、ていう気がしてくる。産まれたてのミニラがまあまあグロい。

『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』に関連する作品