地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン

1972年製作 日本 89分 1972年3月12日上映
rating 3 3
5 0

『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』とは

『ゴジラシリーズ』第12作目。本作品公開時のキャッチコピー「宇宙のわるもの怪獣をやっつけろ!ゴジラがんばれ地球をまもれ!」からも分かるように、ゴジラが悪い怪獣から地球を守るヒーローという立場で描かれている。本作品で登場した「ガイガン」という怪獣は「宇宙怪獣を改造してサイボーグにした怪獣」のため、今までの怪獣と違ってロボットのメタル感が出ている他、そして武器も多数装備されている。本作ではゴジラとアンギラスがアニメ処理による吹き出しを付けて会話をする画面もあり、公開当時話題となった。

『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』のあらすじ

売れない漫画家の小高は編集者から原稿を突き返される日々。そんな中小高のマネージャーを勝手に名乗る友人友江にある仕事を紹介される。東京郊外に「怪獣と平和」をモチーフにしたテーマパーク「世界子供ランド」が建設されているのだが、そこの怪獣をデザインする仕事だ。早速子供ランドに出かける小高。そこでひときわ高い建物「ゴジラ塔」に入るとそこには見たこともない特殊装置が設置されていた。小高が驚いていると英語交じりの言葉を話す奇妙な事務局長クボタが現れ、塔の最上部にあるコントロールタワーに案内される。そこで機器装置を操作しているのは子供ランド建設を進める団体の会長だという少年だった。

『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』のスタッフ・キャスト

『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』に関連する作品