メカゴジラの逆襲

メカゴジラの逆襲

1975年製作 日本 83分 1975年3月15日上映
rating 3 3
2 0

『メカゴジラの逆襲』とは

「ゴジラ」シリーズ第15作目。前作『ゴジラ対メカゴジラ』で初登場し人気を博したメカゴジラを主人公に据えた作品である。当時はメカゴジラの玩具やキャラクターグッズも多数販売され、メガゴジラの人気を物語っていた。監督は『決戦!南海の大怪獣』の本多猪四郎、脚本は高山由紀子が手掛けている。特撮監督は『エスパイ』の中野昭慶が務めた。また、ゴジラシリーズの音楽を数多く手掛ける伊福部昭による音楽が作品を盛り上げる。前作に引き続き、平田昭彦がマッドサイエンティスト的な役柄で出演。回想シーンでは老け顔の特殊メイクも披露している。

『メカゴジラの逆襲』のあらすじ

1年前、ゴジラとキングシーサーに敗れ海に沈んだメカゴジラ。その残骸を捜索していた潜水艇・あかつき号が突如行方不明になる。彼らは「恐龍」という言葉を残しており、それが10年前に異端とされ世間を追われた真船博士と関係があると睨んだ海洋研究所の一之瀬は、彼の娘である桂と接触を図るが、博士が5年前に死亡したことを告げられる。しかし実は真船博士は世間に復讐するため地下の実験室で研究に没頭していた。怪獣チタノザウルスを使ってあかつき号を破壊した張本人であるブラックホール第3惑星人は、その復讐心を利用してメカゴジラを復元しようと企む。

『メカゴジラの逆襲』のスタッフ・キャスト

『メカゴジラの逆襲』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『メカゴジラの逆襲』に関連する作品