ジャズ・シンガー (1980)

ジャズ・シンガー (1980)

the Jazz Singer
1980年製作 アメリカ 116分 1981年4月18日上映
rating 0 -
0 0

『ジャズ・シンガー (1980)』とは

『海底二万哩』、『トラ・トラ・トラ!』など、多岐にわたるジャンルを手がけるリチャード・フライシャー監督が、歌手を目指す若者の人生を複雑な親子関係と共に綴る。映画史において最も早い段階で音声付きで公開された1927年の同名映画をリメイクした作品。 歌手のニール・ダイアモンドが主演と作曲を務めている。そのほかに『ブラジルから来た少年』のローレンス・オリヴィエや、カトリン・アダムス、ルーシー・アーナスが出演。音楽は『理由なき反抗』のレナード・ローゼンマンが担当した。脚本は『女はそれを我慢できない』を脚色したハーバート・ベイカー。

『ジャズ・シンガー (1980)』のあらすじ

ニューヨークに住むユダヤ教徒のジェイキーは厳格なユダヤ教徒であり司祭長の父の後を継ぐことを嫌いジャズシンガーになることを夢見ている。そんな彼はある時、酒場で俗的な歌を歌ってるいるとこころを父に見つかってしまい家を勘当されてしまう。 数年後、彼は天性の才能を活かしジャック・ロビンという名で舞台に立ち生計を立てていた。ようやく人気も出てき始めた頃、彼は舞台女優のメリー・デールと恋仲になり彼女の手助けで大舞台で歌えることになったが、その大舞台の前日に母が訪ねてきて、ある頼み事をされる……。

『ジャズ・シンガー (1980)』のスタッフ・キャスト

『ジャズ・シンガー (1980)』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ジャズ・シンガー (1980)』に関連する作品