みんなのアムステルダム国立美術館へ
みんなのアムステルダム国立美術館へ
THE NEW RIJKSMUSEUM
rating 3.5 3.5
9 5

『みんなのアムステルダム国立美術館へ』のs_p_n_minacoの感想・評価・ネタバレ

s_p_n_minaco
s_p_n_minaco 0 2013年4月16日

前作の続きだけど、序盤はおさらいになっていて、更に開館までてんやわんやドタバタ騒動が続く。開館日未定のまま、展示品の選別や所蔵品の管理、壁の色を決めるのに6年も掛かり、建築家がキレるわ館長は交代するわ…相変わらずフットボールのオランダ代表の迷走を彷彿。特に前館長ときたら…クライフかよ。オランダでいちばん強いのはサイクリストかもしれない。ドキュメンタリーとしてはたぶんワイズマンの影響がありそうだが、所々の音楽とか、何より紆余曲折の展開はバカバカしいほど人間臭く自虐的。なので名画「夜警」を見ても(こいつらも実はゴタゴタ揉めてたんだろうな…)って思っちゃうよ。 そんな中、前作でも異彩を放ってた我らが仏像男子メンノさんは心のオアシス。せっせとジオラマを作り、日本を訪ね、所蔵庫で到着した金剛力士像と見つめ合い、ときめく心を抑え切れないメンノさん。もはや紛れもなく恋。そんなピュアなナード気質もまたオランダ人らしいというか。やっとこさ開館して、堂々とあの金剛力士像が展示されてよかったよ…おめでとうメンノさん!