大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン

大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン

1966年製作 日本 101分 1966年4月17日上映
rating 3.3 3.3
2 0

『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』とは

前年に公開された『大怪獣ガメラ』のヒットを受けて製作されたシリーズ第2作で、再び現れたガメラと新怪獣バルゴンとの闘いを描いている。本作の監督はベテランの田中重雄が担当し、特撮監督を前作監督の湯浅憲明が担当した。本作は昭和ガメラシリーズの中で唯一ストーリーに子供がからんでおらず、大人向けを狙った作品となっている。また、ストーリーはバルゴンと人類の攻防が中心で、ガメラとバルゴンの対決シーンは時間的には短いが、4つ足怪獣同士の決闘は怪獣映画の中でも珍しく、二大怪獣の戦いの重厚さが描かれている。

『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』のあらすじ

半年前にガメラを宇宙に追放したZプランのロケットが隕石に衝突し、中に閉じ込めていたガメラが脱出。自由の身となったガメラは地球に戻りエネルギーを求めて黒部ダムを破壊。電気エネルギーを吸収してさらに別の熱エネルギーを求めて飛び去っていった。 大阪で航空士のライセンスを取得した平田圭介は独立の元手を集めるため会社を辞めて兄の一郎の密輸計画に乗る。一郎は戦時中にニューギニア奥地で発見した巨大なオパールを洞窟に隠していたが、足が不自由なため仲間の小野寺、川尻、弟の圭介にそのオパールを取りに行かせる計画を立てていたのだ。3人は現地に向かい洞窟の中でオパールを発見する。しかしその直後、川尻は毒サソリに刺され死亡。それを機にオパールの独り占めを狙った小野寺はダイナマイトを使って圭介を洞窟に閉じ込め、一人帰国した。 帰国途中、偶然治療用の赤外線がオパールに放射され、中からトカゲの様な生物が生まれた。それはオパールではなく怪獣バルゴンの卵だったのだ。赤外線によって巨大化したバルゴンは神戸に上陸し港を破壊、さらに大阪へと向かう。バルゴンは舌の先から出す冷凍液で街を凍らせ、背ビレから放射する虹色の光線で自衛隊のミサイル基地を壊滅させた。バルゴンとの攻防で起きた火災に導かれガメラが大阪城に飛来しガメラとバルゴンの闘いが始まるが、バルゴンの冷凍液でガメラは凍結させられる。 一方、ニューギニアで原住民に助けられていた圭介は原住民の娘カレンとともに帰国した。村の伝説からバルゴンの性質がわかり、村から持ってきたダイヤモンドにレーザー光を照射した光で琵琶湖に誘導し沈める作戦を実行する。しかし、そこで欲に取り付かれた小野寺が乱入してダイヤモンドを強奪し、さらにダイヤモンドごとバルゴンに飲み込まれ作戦は失敗に終わってしまった。 そのころ、凍り付いていた大阪の街の氷が溶け始めたことでガメラが復活し、バルゴンの元へと飛来した。そして二大怪獣による『大怪獣決闘』が再び始まった。

『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』のスタッフ・キャスト

『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』の感想・評価・ネタバレ

  • Hiro

    この作品を平成のガメラ対ギャオスを撮った監督でリメイクしてもらえないかなぁ、、、

  • cla_sta

    怪獣映画だからといってシナリオをおろそかにしちゃいけないんだなーと思った昭和2作目

『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』に関連する作品