インサイド・ヘッド
インサイド・ヘッド
Inside Out
2015年製作 アメリカ 102分 2015年7月18日上映
rating 3.8 3.8
407 88

『インサイド・ヘッド』の感想・評価・ネタバレ

  • sogo
    sogo 5 1月10日

    ピクサーの中で、自分はこの映画が1番好きかもしれない。 本当に、ピクサーが創造する映画が、感心感銘を受ける。 この映画は、20代後半から40代・50代の人達に観てもらいたい映画だ。 子供は、その両親の文化・文明・思考・構想で教育を受け、それを受信・影響され、大きく成長していく、そして、子供は両親だけじゃなく外の人達に色々な経験・影響され、学んでいく。その姿を両親は見て・影響し、教育・育てていく。俺はそれを「共有育学」と思っています。成長は子供だけではなく、「生きている人」皆、死ぬまで成長し続ける。 それが、人間の愛しい所であり、素晴らしい所だと思う。 子供にも、観て貰いたいとは思うが、子供には、「今」を感じ「今」を生きててほしいと思う。 俺も子供ができたら、この映画を一緒に観たい。俺の子供は、14歳か、15歳ぐらいになってからだな。 ビンボンの所は、本当に涙が出る。 エンドロールのおまけも、最高。 喜びが、何故髪と目が青なのかも、納得。 凄く、いい映画です。

  • ^ω^

    まぁまぁ面白かった!

  • Dora

    最初に脳内の世界観が一気に説明されるけどこれがすごい興味深くて一気に引き込まれた。たしかにこれは哲学映画だ。でもこの理屈が通るのはあくまで思春期手前までな気もして、その後はイカリはムカムカ、カナシミなんかがリーダー気取りしているヨロコビにボイコットしそう、って思った。更に言えばお父さんやお母さんの感情のリーダーがヨロコビじゃないってのはちょっと分からなくて、カナシミがリーダーでもイカリがリーダーでも目的は本人が喜ぶことだよね?っていう。多分ヨロコビは目的でイカリやビビリみたいな他のキャラはそのための手段な気がした。ヨロコビっていうネーミングが良くないのかな。幸せに一番近い感情が喜び、っていう気がしてしまって、感情のキャラ達の次元って揃えられなくない?っていう疑問を感じた。あと、没頭している時の無心だけどすごい楽しい感じってどの感情が働いてんだろうね。もっとこの映画を題材に色んな人と感情と幸せの関係や脳内の記憶・感情の扱われ方について議論してみたいと思った。

  • えいじ
    えいじ 4 2017年6月28日

    今度書く

  • しょん
    しょん 4 2017年6月27日

    悲しいときは悲しく、そうゆうあたりまえの感情を我慢したり堪え忍んだりする子どもが増えているのかな。子どものための映画であるとともに、大人たちへの強いメッセージを感じた。

  • Riho  Kasahara
    Riho Kasahara 4 2017年6月19日

    記憶、感情、人格、忘却、ピクサーの手にかかればこんなにおもしろく、素敵に描くことができるのか。すごい。ほんとにすごい。 みんなが認識はしているけど、具体化されていないイメージを誰にでもわかるような形で、しかも魅力的に表現する。きっとハードルが高くて難しいはず。空想を0から描くことよりも。 それをやってのけるピクサーはすごい。 主題となるカナシミの大切さは、もちろん素敵なメッセージなんだけど、 あの、途中でいなくなっちゃった象みたいなキャラクターが本当に良かった。泣いた。 同じピンクでも、いじわるロッツォ(トイストーリー3、これはこれで好き)とは大違いだ。。

  • Sacchin

    人の感情をつかさどる感情たちのストーリー。 よろこび、悲しみ、怒り、イライラ、ビビりの5人組は誰の頭の中にでもある。 潜在意識や感情の対応に振り回されていた時に見たこともあって、とても良かった。 英語版をいつか見たい。

  • あざみちゃん
    あざみちゃん 3 2017年6月17日

    2017/06/17 女の子の頭の中に感情達がいて、トラブルでヨロコビとカナシミが司令塔から飛び出してしまって、女の子の感情がめちゃくちゃになる話。

  • 竪琴

    思春期ってこんな感じだったなー(笑) 2017.5月鑑賞

  • Mako Adaniya
    Mako Adaniya 4 2017年5月29日

    5つのキャラクラー全部かわいかった。 私の感情も毎日コロコロ変わるけど、あんな風に頭の中でもヨロコビ達が働いてくれてるのかなぁ。 カナシミが思い出に触れる度にひやひやして、大人しくしてくれって思ったけど、カナシミの感情もすごく大事なものだと考えさせられた。 子どもにオススメしたい映画だなぁ。

  • 松永悟志
    松永悟志 4 2017年3月21日

    デズニー映画は大人になってからの方が面白く観ることができる気がした作品☆ 設楽さんがデズニーは同じ作品でも子供のとき観た感覚と、大人になって観直したときは違う感覚で楽しめるって言うてた!

  • サムライ
    サムライ 5 2017年1月2日

    2017.01.02 WOWOW

  • southpumpkin
    southpumpkin 5 2016年12月4日

    ライリーという女の子の中には感情を司る5人の仲間たちがいました。しかしライリー一家の引越しとともにヨロコビとカナシミは司令部から離れてしまうのです。 ライリーという女の子はヨロコビに満ちた人生を歩んでいました。なぜカナシミが存在しているのか、ライリーを幸せにできるのはヨロコビしかいない、と思われていました。しかしこの映画ではライリー、ひいては人間の感情の中に「なぜカナシミが存在しているのか」について明確な結論が導かれるのです。悲しむことってとっても大事。 感情を含めた人間の頭の中をとても理論的に説明している神がかった脚本です。頭の中にいる5つの感情、という一見して子供向けですが、人間の成長についてストンと落ちるメッセージを与えています。今までなんとなく成長してきた僕のような大人にも成長の過程がしっかりとあり、それらを本作で改めて見つめなおしてくれます。僕のビンボンはいついなくなったのか、そんなこと考えたこともありませんでした。 さらにすごいのは人間の多様性にまで言及している点。ライリーだけじゃなくていろんな人の中に感情があるのです。あの人はなぜいつも怒っているのだろうか、あの人はなぜいつも悲しんでいるのだろうか、それは一つの感情が主導権を握っているからなのです。自己を見つめなおせるだけではなく、他者理解にも繋がっている。 僕の知っている中で、最も自分の子供(いないけど)に観せたい映画です。2015年ベストかもしれない。

  • 保津稔
    保津稔 4 2016年10月17日

    カナシミと向き合って初めて成長するんだね、てのはもちろん、何重にも深読み可能でかつエンターテイメントしてて面白かった。最後記憶球の色がカラフルになってるのがグッド。ボンビンは絶対泣く。

  • アパ予約して。
    アパ予約して。 3 2016年8月31日

    2016.8.29

  • naho

    なんといってもビンボン。 ビンボンに心が締め付けられます。 喜びも悲しみも 虚実もそうだけど 反対があってひとつになるんだなあと 心って本当に大切ですね。 ライリーに笑顔が戻って本当によかった。

  • もゆ

    悲しみは閉じ込めてはいけないということが分かった

  • ぼー

    2016.07.17[62作目] Blu-ray。やっぱりピクサーの作品は面白い!劇場に見に行きたかったけど、タイミングが合わずに見れなかった作品。ストーリーがしっかりしてるだけでなく、遊び心がたっぷり入ってるのでずっと物語に引き込まれたままでいられる。感動した。安心して人に勧められる作品だと思う。

  • tossy0329
    tossy0329 3 2016年7月2日

    不覚にも泣いた(笑)カナシミも必要なんだなと。でも私のヨロコビはしょっちゅう仕事放棄してる。働いてくれよって感じ。

  • ウエ

    思ってたのと違ったけど面白かった。 大人向けっていうか親向けだなと思った。 キャラクターデザインがあんまり好きじゃない。