ロシュフォールの恋人たち
ロシュフォールの恋人たち
Les Demoiselles De Rochefort
1966年製作 フランス 1967年8月8日上映
rating 3.9 3.9
76 67

『ロシュフォールの恋人たち』の感想・評価・ネタバレ

  • mince

    フランスの田舎。才に反してうまくいかない恋に疲れた双子姉妹と町全体を舞台に起るたくさんの恋物語「ロシュフォールの恋人たち」蕎麦はノド越し!やのうて67年のビビッドなミュージカルを楽しもう。この町での恋に年齢なし!愛の前に徹頭徹尾、恋、恋、恋!小澤征爾のスクーターはホンダやった?西宮5。リマスタなのに色を強調しない映像。とにかく楽しい!

  • wakamewatts
    wakamewatts 0 2016年5月22日

    「シェルブールの雨傘」と似たフランスのミュージカル映画。公園前の喫茶店。その経営者のマダムには小学生の息子と年頃の双子の娘が居た。ちょうど公園ではお祭りの準備が始まっていた。祭りの余興のため、ダンサーや芸人達が準備に忙しかった。その双子が恋をする物語。恋心を夢一杯ふくらませてどんな恋人が現れるが落ち着きのない毎日だった。双子はピアノ教師とダンス教師で生計を立てていた。お祭り前日、二人の女性ダンサーが辞めてしまい、その穴を埋めるため、この双子の娘にオファーが入る。(#16- 071 )

  • RiN

    ポスターの双子が見目麗しい、ポップでキュートなおフレンチミュージカル。 カトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・ドルレアックが双子役って日本で言ったら海街diary4姉妹以上の奇跡の共演なんですが、そこにさらに、ハリウッドのスター「雨に唄えば」主演のジーン・ケリーをヒーロー役に迎えるというお金の使いっぷり。当時の仏映画界のバブルがよくわかります。 ストーリーも、当時主流だった所謂お姫様モノ(美貌と教養で優秀な男性の心を掴み、結婚して幸せになる物語)ではなく、女性自身の野心や成り上がりをテーマに据えていかにもジャック・ドゥミ、いかにもフランスの新鋭といったところ。 とは言いつつも一番の見所はなんといっても主演の2人のあまりのキュートさ。とくに海辺の街を舞台にした今作のサマーファッションは、1970年代のレトロ可愛いテイストに、もうメロメロです。

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 4 2015年5月25日

    色彩の素晴らしさで魅せられるミュージカル、ジーン・ケリーのダンスにMGM時代の華やかさを期待してはいけませんが 下降気味だったジーン・ケリーを使ったジャック・ドゥミにジーン・ケリー大好きな自分としては感謝です 楽しく幸せな気持ちになれる映画。

  • mafuyou

    ミュージカル 世界観がかわいらしい

  • ゆう

    聞いたことのある曲がわんさか! ジーン・ケリーやジャック・ペラン、カトリーヌ・ドヌーヴが出ててしかも凄く若くてびっくり笑 運命の糸で結ばれた2人が中々くっつかないもんだからその焦らされた分あのラストは楽しい! 女子が凄く憧れるようなラブストーリーな気がします。 ピアノやらリコーダーやらなんやら演奏するシーンがあるのですがどう見ても本人たちが弾いてないのが丸分かりなのは笑ってしまいました。

  • apn

    完璧

  • キノコモルグ
    キノコモルグ 4 2015年1月24日

    ロシュフォールの街並みが本当に綺麗なのと、音楽とテンポが心地よいです。西フランスが好きな方と洋服が好きな方にはおすすめです。

  • J Kze Axan
    J Kze Axan 4 2014年8月28日

    とびきりキュート!!!これに尽きます!!!女性にはみんな是非とも観て欲しい!

  • Yamaguchi Asuka
    Yamaguchi Asuka 4 2014年8月20日

    見終わった後の爽快感と幸福さがなんと気持ちいいことか。 Aラインの綺麗なワンピースや、カラフルな組み合わせの洋服たちや、私は絶対被らないであろう可愛い帽子たちが羨ましい!!!! 女の子はそれだけでも見てて楽しい。 しかも、画面の端から端まで美女美男しか出てこないから、ロシュフォールはこんな素敵な街なのかと憧れを抱いてしまう笑 そしてそして、若い頃のカトリーヌドヌーブの可愛さったらもう…!!!! 歌ってるせいもあるのか、なかなか恋が進展せず、焦らされ焦らされちょっとイライラしちゃったけど笑、最後の終わり方は好きでした。 @キネマ旬報シアター

  • doshira

    音楽が最高。初めて観たヌーヴェルバーグ作品

  • たいやき
    たいやき 4 2014年8月10日

    カラフルで見ているだけで楽しくなれる!

  • Chinatsu Fukuda
    Chinatsu Fukuda 3 2014年8月9日

    可愛い映画!音楽も♥︎

  • chaco

    話の内容というより、目で見る映画☆

  • snhrk

    服装も建物も全部色がきれいでおしゃれだった。カトリーヌドヌーヴかわいい。

  • Katsuhiko_Miyata
    Katsuhiko_Miyata 5 2014年6月23日

    この映画に恋をしました。 まずこの映画を撮ったジャック・ドゥミ監督のインタビューがカイエ・デュ・シネマに記載されていたので引用します。   問・『ロシュフォールの恋人たち』のテーマは、ひとことで言えば、なんですか? 答・生きる歓びです。映画全体が歓びの感情に満ち溢れている作品を、わたしはつくりたいと思ったのです。観客が映画を観終わったあと幸福感でいっぱいになるような作品。これは、わたしの映画作家としての信条です。しかし、それは、もちろん、映画はかならずコメディでなければいけないというようなことではなく、大事なのは、映画の内容がどこまで観客にふれるかにあるのです。たとえば、『バージニア・ウルフなんかこわくない』(エドワード・オルビー原作、マイク・ニコルズ監督、1966年)といった映画は、すべてに否定的で、観終わったあと観客はがっくりして、生きる気力を失ってしまう。それに反して、ロベール・ブレッソンの『スリ』(1960年)とかミケランジェロ・アントニオーニの『欲望』(1966年)などは、人間の絶望や苦悩をペシミスティックに描いた、暗い内容をもった映画ですが、観終わったあと、逆に、生きる気力、たたかう気力を与えてくれるのです。 問・『ロシュフォールの恋人たち』はハリウッド製のミュージカル・コメディとどんな点で異なっているのでしょうか? 答・それは、要するに、映画のエスプリの問題ではないかと思います。わたしの作品は、形式こそハリウッド製ミュージカルをまねていますが、テーマも音楽もすべてフランス的エスプリにつらぬかれています。アメリカ映画の最大のテーマとは、人間の社会的成功、つまり、ひとりの人間がいかにして恋愛や金銭や名誉をかちとっていくか、という問題につきると思います。それはそれなりにすばらしいテーマですが、わたしは、むしろ、人生における男女の出会いの模様を描いてみたかったのです。たとえば最後には結ばれるべき男女がお互いにまったくそれとは知らずにすれちがう瞬間-それを唄と踊りでドラマティックに表現してみたかったわけです。   ジャック・ドゥミ監督によって私は人生における生きる喜びを実感させられた。あまりの素晴らしさに人生初の感動泣きしてしまいました(笑)人物を完璧に象徴している美しい音楽、その音楽にあった完璧なセリフ、完璧なキャスティング、パステルカラーと白色の可愛らしい服装、ロシュフォールの美しい街並みと文句のつけどころがない。最初のシーンで「キャラバンの到着」が流れたときに一目惚れして「双子姉妹の歌」が流れてダブルパンチくらったって感じです(笑)   なるべく若い頃に観たほうがいい映画だと考えます。特に同じ20代の人にぜひ観てほしいですね。何故ならこの映画を経験して生きる人生と経験しないで生きる人生は全く異なったものになるでしょうから 個人的な考えですがパリは若者の街、ロシュフォールは成熟した大人の街をジャック・ドゥミは表現していると考えました。その点を考慮しながらこの映画を観ていただけると幸いです。

  • ひとみ
    ひとみ 5 2014年5月11日

    音楽、俳優たち、色彩、恋する純粋な想い…すべてが美しくて見る度涙がでます。こんな恋愛がしたい!こんな人生を送りたい!

  • Moto Ishiduka
    Moto Ishiduka 2 2014年4月1日

    双子の美女がそれぞれ運命の人と結ばれる。内容より可愛い衣装のが面白かった。

  • Miyako  Nagumo
    Miyako Nagumo 3 2014年2月25日

    自分がかわいかったら、あんな洋服をかわいく着てみたい。そんなことを思うオシャレ映画

  • Yuca

    うーん、話なんかどうでもよくって、とにかく南仏の陽気で気取ってて楽しい感じが、好き!目と耳が楽しい!頭は使わない!