シェルブールの雨傘
シェルブールの雨傘
Les parapluies de Cherbourg
1964年製作 フランス 91分 1964年10月4日上映
rating 3.6 3.6
180 76

『シェルブールの雨傘』の感想・評価・ネタバレ

  • エミデブ
    エミデブ 4 2019年8月4日

    ゲイに生まれてよかった!って思うことが実は結構ある。その理由のうちの一つに、離れた世代の人と共通の話題を持って繋がりやすいことがある。同じ秋田出身で二丁目では有名なDJがいて、彼は50歳を目前にして長年付き合っていた人と別れ、「人生最大の賭けに出る」と言い、ずっと片思いを続けてる彼氏持ちの男性にアタックするつもりだ。そんな熱い彼がオススメしてくれた映画、シェルブールの雨傘。なるほど、今の彼の状況にもかなりマッチしてるじゃないか。 フランスの港町、シェルブールにて、徴兵を受ける車の修理工場の男と傘屋の娘との儚いラブロマンスを描いたミュージカル。 なんといっても特筆するべき点はその美しさだ。今では世界一汚い観光地とも言われるような国が、なるほどこの美しさに憧れる人がたくさんいたのも頷ける。派手な色彩、水色のボタンダウンのシャツにベージュのジャケットを合わせるセンス。素晴らしい。きっとこの街では道端に落ちているコンドームでさえ芸術だな。 ラストシーン、お互いに未練がありつつも「今は幸せだよ」というこういう大人のラブロマンスがドストライク。そんでガソリンスタンドのEssoさえも美しくするこの魔力は一体なんなのだ!

  • デラシネ
    デラシネ 4 2017年11月28日

    おしゃれとロマンスをありったけ詰め込んだミュージカル映画。 全編が歌で構成されているという変わった作り方をされています。 ジャズやシャンソンをメインに作られた歌と、60年代のファッションがとてもマッチしていて本当に素敵です。 劇中で描かれることは決して明るいことばかりではありませんが、だからこそ見終わった後に余韻を残すのでしょう。

  • apn

    お洒落!!! どの場面も配色にこだわりがあってすてき! ラストも現実的でよい

  • はっすぃー
    はっすぃー 2 2017年3月9日

    3部の途中で寝てしまった笑 完結が分からないから感想書きづらいんだけども、思ったのは服装や壁紙など色調が鮮やかで可愛い。 まさか2部でギィの不在中に結婚するとは想像できなかった。

  • tophelos
    tophelos 0 2017年1月23日

    「ラ・ラ・ランド」予習。ミュージカルは最も苦手なジャンルなのだが、さすが名作。あわや号泣であった。

  • まいこ
    まいこ 4 2016年11月6日

    切ない!! カトリーヌ・ドヌーヴが可愛い映画

  • チョコラテ飲みたい
    チョコラテ飲みたい 0 2016年10月11日

    216.10.7

  • Misako M.
    Misako M. 2 2016年5月15日

    まあ、こんなもんかなって感じ! 教養としてとりあえず見ておきました。 思った通り、インテリアや服、髪型はかわいかった。予想は上回らなかったけど。

  • みはる
    みはる 4 2016年1月14日

    色使いが可愛い。ラストがせつない。

  • ももか
    ももか 3 2015年11月20日

    可愛さひゃくてんまんてん。 ちょっと劇場でみてるような感じ すきだなとおもった。 お話的にはフランス映画だなってかんじ。

  • maki

    面白かった。

  • chulalongkorn
    chulalongkorn 4 2015年8月4日

    2015.8.4 意外によかった。

  • Daiki Kinoshita
    Daiki Kinoshita 3 2015年7月5日

    監督 ジャック・ドゥミ 脚本 ジャック・ドゥミ 1964年公開 この手のミュージカル映画は初めて観た

  • Mao Shida
    Mao Shida 1 2015年6月8日

    2015/06/07 シネマフロンティア 午前10時の映画祭

  • Fukuco

    Jun.6

  • Yusuke Yamamoto
    Yusuke Yamamoto 3 2015年6月2日

    若さと恋と愛と幸せの話。 色彩豊かで美しいセットと、計算された人の動き。 雨傘のタイトルは深い意味があるのか分からなかった。効果的な使われ方していたか? 2015/5/30 TOHOシネマズ甲府

  • wakamewatts
    wakamewatts 5 2015年6月1日

    第三回新午前十時の映画祭企画上映、名作だ。主題歌も映画を超える程大ヒットした。アルジェリア戦争中のフランスで、小さな雨傘店の母子と自動車修理工の恋愛から始まる。二人はラブラブだったが、運命の徴兵が彼に及んでくる。すでにおなかには子供が宿っていた。彼は2年間戦争に駆り出されてしまう。その2年間に留守を守るはずだった彼女に男が現れる。経済的な問題もあり、母はその男を薦めるが迷うに迷う。(#15-65)

  • セキグチ
    セキグチ 3 2015年5月19日

    午前10時の映画祭 で見てきました。 お話は恋人が兵役から帰ってきたら別の人と結婚してました…っていう話なんだけど 一番最初っから色がすっごく綺麗。 なんていうかジブリが絵で表してる背景を映画で表してるような印象を受けた。 お話が進んでいく途中に出て来る壁とかを塗ってある色ってのが象徴的に使われてるのも面白い。 歌自体すごく良いとは思わなかったけど、ミュージカル映画で序盤とかは結構テンポよく進んでると思う。 映画の途中もちょいちょい見きれてくるけど最後は本格的にESSOが広告出してるんだろうな っていう終わりかただった。 3よりの3.5

  • 考え中
    考え中 2 2015年5月17日

    ミュージカル映画。 音楽ばかりでなれてなかったので、 なかなか厳しかった。 ネタバレ 舞台はフランス。 愛し合う男女。 男は兵役に出るも、 その歳に女は別の男とくっついてしまう、 兵役から帰ってきた男は失望し、 別の女とくっつく、 ある日元の男と女が再開するも、 お互いがお互いの生活を垣間見終わる。 男はきっぱり新しい生活をしているが、 女は未練がありそうだ。

  • Y Kodaka
    Y Kodaka 3 2015年4月27日

    なんちゅう可愛さ