ウンベルトD
ウンベルトD
UMBERTO D
イタリア 1962年10月1日上映
rating 3.8 3.8
4 1

『ウンベルトD』のちくわぶの感想・評価・ネタバレ

ちくわぶ
ちくわぶ 4 2018年5月28日

2018/05/28 GYAO! 以前見た部屋を貸してもらえず、終の住処を探して東京をさまようおばあさんのドキュメンタリーを思い出してしんどかった。 保健所のシーンも胸がキュッとなったけど、チラッと登場する他の社会的弱者の人たち(マリア、わざと入院する男、物乞いの男、保健所の預かり金が払えず犬が殺処分されそうな男)の背景が描かれずとも想像できるのが悲しい。 主人公の行動、身振り一つ一つが台詞が無くとも共感出来るのが新鮮だった。プロットありきでキャラクターが動かされる(振り回される?)話だとこっちが置いてかれがちというか、理解不能な言動のあとに展開が追いついてくるけど、これは人物の思考言動と展開が同じスピードで動いてて(?)丁寧な映画だな〜と感じた。内容忘れたけど同監督の自転車泥棒みたときも同じこと思ってた気がする。 犬の演技がすごい