スター・ウォーズ フォースの覚醒
スター・ウォーズ フォースの覚醒
Star Wars: The Force Awakens
2015年製作 アメリカ 136分 2015年12月18日上映
rating 4 4
562 83

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の感想・評価・ネタバレ

  • kjhyk

    スカイウォーカーの夜明け前におさらい。やっぱりこのスターウォーズ感。期待感。ワクワク感。そして、ルーク出てきたときのウオオオってなる感じ。最高。次早く見てーーーってなってたなーって思ってたなー。この時は。

  • Erika

    続編というよりリブートっぽい。 偉大なシリーズを叩いて伸ばした感があるような…過去の6作品がいかに完成された物語なのかを思い知った。その反面、お馴染みのキャラクターの登場を嬉しく思ったりもして、複雑。

  • もち

    テレビで見た。ジェダイの騎士はもう増えないのかな?

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 4 2017年12月16日

    新たなる3部作の幕開けとして贈る全世界待望のSF超大作。 「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」からおよそ30年後を舞台に、 家族を待ち続ける孤独な女性レイと、 戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィンとの出会いが導く壮大な冒険の始まりを描く。 新たなる3部作がエピソードⅢから、 約10年ぶりで公開しました。 この3部作の公開は諦めていたので、 正直嬉しいです。 オープニングタイトルを見た時は涙が出そうになりました。 シリーズで初の女性が主人公なのは驚きました。 新しいキャラクター、 カイロ・レイン、 レイ、 フィンが登場するけど、 旧キャラクターには及びませんでした。 新キャラクターでは、 BB-8が一番のお気に入りです。 見た目がユニークでとてもかわいかった。 微妙な動きでBB-8の感情が伝わってきます。 ハン・ソロの登場は嬉しかったけど、 レイアはおばあちゃん過ぎて、 残念でした。 監督がJ・J・エイブラムスということもあってか、 海外ドラマに出演する役者さんも多数登場してます。 ラストでやっと登場するルーク・スカイウォーカーが、 オビ=ワン・ケノービみたいになってました。

  • yuuma

    新作公開前にチェック。ダークサイドのキャラクターが今まで魅力的だっただけに、カイロレンにモール卿、ベイダー卿、ドゥークー伯爵位の魅力が欲しいところ。

  • YamatoSakura
    YamatoSakura 5 2016年12月29日

    最後!!!

  • kentaro k.
    kentaro k. 4 2016年9月5日

  • traumereiii
    traumereiii 4 2016年8月29日

    SWエピ7の公開が決まり、お祭り状態を傍観するのが嫌で、慌てて6作品を鑑賞し、今日を迎えました。 SWファンほどのめり込んだ気持ちがあるわけではないので、フォースの覚醒を観た感じ次第では残りの続編はDVDを待とうと思っていました。 結果…とても面白かったです。 登場人物がごっそり変わってしまうのではなく、ちょこちょここれまでのエピソードキャストが出てくるのがワクワクしました。 特にハン・ソロとチューバッカがホワイトファルコンに戻ってくるシーンなんかはじわっときました。なんだろう…この親しみ感。 ハン・ソロ、レイア姫とは子ども作ったのに、何かあったのね。 そしてその息子がカイロ・レン。なのでカイロ・レンのおじいちゃんはベイダー卿。頭の中でジェノグラム作っちゃいました。 ルークは弟子を上手く教育できなかったショックで逃亡。ジェダイはフォースというすごいパワーがあるのに、心がガラスのように繊細ですね。ルークに何かしらあって、その娘がレイなのかな…?船の操縦も上手いし、メカにも強いし。青いライトセーバーを引き継ぐし。 それにしても、フィンもライトセーバー使えたけれど、ジェダイなのかな?ジェダイじゃないとライトセーバーって使えないんだっけ?それにしてもルークとかアナキンとか、フォース使うために訓練とか受けてたけど、レイは勘でフォース使えてて素晴らしい。レイア姫の意志の強さと言い、女のジェダイのほうが暗黒面には落ちにくそうな気がする。女は強し。なんだか「Re:LIFE」でヒュー・グラントの役が「今や主人公は強い女性像が求められている」ってなことを言っていたのを思い出しました。 BB-8が可愛くて…。R2D2の時は「どうやって移動してるんだろう…」と思っていた地上の凸凹も、BB-2の球体なら難なくスイスイ。考えられたデザインですね。チューバッカがケガの痛みで手当してくれてるフィンに対して暴れてた時にBB-8にも「がおー」って脅かしたら「ピャー」みたいな音出して逃げていった姿が可愛すぎでした。 さてさて、このエピソードでは人物相関がはっきりしません。 ベイダーJrは今後どうなっていくのか。 でかいLORのゴラムみたいな奴は誰なのか。 フィンは生きてるのか。 ハン・ソロはあれで終わりなのか。 レイは一体何者なのか。 ルークはどうなってしまったのか。(中盤みんなが「ルークルーク」言うのに一切出てこないので、これは「桐島、部活やめるってよ」みたいな感じかと思いました) 次回作も期待です。 ちなみに3D吹き替えで観ましたが、3Dじゃなくても映像の迫力が十分なので、今度からは2D吹き替えで良いかな、と思いました。 #ネタバレ

  • 生麦太郎
    生麦太郎 3 2016年8月16日

    う うーん

  • Munenori Tanituji
    Munenori Tanituji 4 2016年6月28日

    謎の残る終わり方でしたね。 次回作があると期待です。 内容は一週間前に見たので正直忘れてしまいました笑

  • Masaki Yoshikawa
    Masaki Yoshikawa 4 2016年6月5日

    JJ good

  • okdkstmp
    okdkstmp 3 2016年6月2日

    期待しすぎたかな。普通に面白かったです。

  • 保津稔
    保津稔 4 2016年5月15日

    恐る恐る見たけど安心の面白さ!安心過ぎて刺激が足りないくらい。でもなんといっても今回のメインは「懐かしさ」でしょう。その点は大満足。次作に期待が高まるばかり。 再見して得点アップ。前回は懐かしさに気を取られ過ぎてたけど、面白い映画やな。。

  • タモさん
    タモさん 3 2016年5月5日

    少し無理があるお話しでした。みたみた。

  • chuchupachups
    chuchupachups 4 2016年5月4日

    すごく「ストーリーに時代が追いついた!」感がした! スターウォーズシリーズを観る前は、すごーく壮大で、めちゃくちゃ強い誰かと、めちゃくちゃ強くて怖くて恐ろしい敵が宇宙を舞台に戦うのかと思ってたら、戦闘シーンはチャンバラだったり(ep4)、敵は精神に乱れありって感じで少しがっかりだった。 今回の敵であるカイロレンも一見、悪役ながら精神に乱れありかと思ったけど、父を殺しといてありがとうとは、、本物の悪役だと思いました。父を殺すことでダースベイダーに追いつけるとでも思ったんだろうね、悲しい人だ。 でも1番感動したのはオープニング。そして1番キュンとしたのが、BB-8のグッドサイン♡ #ネタバレ

  • tophelos
    tophelos 0 2016年4月12日

    当初は9部作予定だったこのシリーズ。良くも悪くもルーカスの壮大な自主制作映画だったこれまでの6作品から、バトンを受けついたJJエイブラムスが、誰しもが納得できるような良い意味で最大公約数をはじき出した本作は、まさに正統な続編としての輝きに溢れていた。 …なんて御託はどうでもよくなるほど見事な出来栄え! 結局、IMAX版、3D版、2D版、吹き替え版の4バリエーションを劇場で鑑賞、できれば5回目も行きたかった。とにかく早く続きが観たい!

  • ブルーガール
    ブルーガール 2 2016年4月12日

    エピソード4の焼き直し。

  • R1067556
    R1067556 0 2016年4月11日

    #映画R ルークメンタル弱すぎやろwwww なんで逃げてんねん。お前が諸悪の根源やんけ!!ハン・ソロ殺す理由は?レノアババアを出す必要あったのか?単になつかしー、うれしーって言って欲しいだけのカス映画じゃねーか。結論・ルークが悪い。死ね。あと仮面取った顔がズザーだったから死ね。ANA国際便の映画であったから見たけど見て損したわ。時間返して!!スターウォーズはもう終わりにしよう。そう思った人多いはずです。 #ネタバレ

  • mazda

    ダースベーダーとの戦いを終えてから30年後、新たな悪の組織、新たなジェダイの誕生、初めて映画館で鑑賞したエピソード7。 同窓会的楽しさがあるといわれるスターウォーズ7。とくにハリソンフォードが演じる老いたハン・ソロがひたすらかっこいい、、、!雰囲気はもちろんその中身まで30年たっても変わらないハン・ソロがそこにいて私のエピソード7での評価の半分くらいかっこよくなりすぎたハン・ソロへの評。 ただ正直ストーリーとしては、今までの事の繰り返しだなと思った。結局今までと流れが同じということは展開が自然と読めてしまうし、衝撃を得ることができない時点できもちが半減してしまう。スターウォーズ大ファンの知人にそういうことではない!という熱い説得やオマージュされてるシーンの解説をうけたけど、結局スターウォーズというブランドで私が評価できていない時点で感じ方にも差が生まれるし、1作ずつでしか評価できない以上この捉え方が変わることはないなと思った。 それは逆に私の好きなものに例えるとするなら、ディズニーアニメーションやウェスアンダーソンの映画で好きになれなかった作品はあれど、ディズニーアニメっていうブランド、ウェスアンダーソンっていうブランドが好きな私にとっていくら低評価でもそれは色眼鏡を通して見てるもので、その世界観に満足感を得れてる以上好きだなってきもちに繋がるのと同じで、どちらが正しいとかではなく、根本的にファンと、ただ映画を観るというきもちの人では、そもそも観点が違うから意見もこれだけ違うんだろうと思う。 過去作の繰り返しだなとは思ったものの、その血縁関係には素晴らしいと思えた。結局誰にでも暗黒面は潜んでいるし、逆に言えばそこから抜け出せることだって絶対誰だってできる。誰もが、強い力を親から受け継いでるし、そういう視点で見た時カイロレンの生まれを辿ると良い部分悪い部分両方受け継いで誕生したその人間性に納得する。 スターウォーズに限った話ではないけど悪役側の心理に興味がわいて、そっちに感情移入しがちなせいで、オビワンとベーダーの戦いの時といい、今回といい、もっと違うやり方で悪に染まった彼等を助けることはできなかったのかなと、正義側の問題点ばかり目についてしまう。気づけなかった、止められなかった結果、すごく残酷で悲しい。誰でもダークサイドに落ちる可能性があるからこそ、落ちる前に周りの人間が気づかなければならないと思うのに、そういう意味で学習しないのは正義側の人間じゃないのかなって思っちゃう。繰り返される苦しみが痛々しい。 ルーク三部作アナキン三部作共に1作目の評価は絶対低いので8と9に期待したい。スターウォーズの魅力は私的にはダークサイドにつまってると思ってるからカイロレンの今後が楽しみ。

  • seiyatabata
    seiyatabata 4 2016年3月18日

    飛行機の中で観たけど、興奮しました!