ターミネーター:新起動 ジェニシス
ターミネーター:新起動 ジェニシス
Terminator Genisys
2015年製作 アメリカ 126分 2015年7月10日上映
rating 3.5 3.5
228 25

『ターミネーター:新起動 ジェニシス』のHM world-travellerの感想・評価・ネタバレ

HM world-traveller
HM world-traveller 3 2015年7月18日

デデンデンデデン、デデンデンデデンの音楽とシュワちゃんのT800登場。やっぱりターミネーターはこれ!これだけでテンションが上がり、いいねを連打したい気分になった(笑)。 前半はジェームスキャメロンのT1,T2へのリスペクトを随所に感じる作り。若きシュワちゃんや中年シュワちゃん、液体金属のT1000も早々に現れ、T2までの高い支持率を意識したファンサービスぶり。中盤以降が本作の真骨頂。 一言で言うと、SFアクションというより、『時をかけるターミネーター』というのが的確だと思う。いや、もちろんSFアクションには違いないのだけれど、タイムトラベルで事の発端や起源に戻り、追いかけ、そこでどちらが先に自分の意図するゴールを決めるかを競うゲームのようだった。 キャストと言いストーリーと言い何もかもに落胆したT3や、今ひとつ納得感の無かったT4に比べるとはるかに良かったけれど、T3T4の流れを断ち切って物語に捻りを加えるために強引にタイムトラベルをさせた感じがあるのは否めない。のべ回数では複数回にわたるタイムトラベルでタイムバラドックスも気になるレベルにまで増幅してる。 ただ、少々くたびれた風情のシュワちゃんが体に鞭打ち(? )ほぼ最初から最後まで登場し、まるで父親のような立ち位置で某主要キャストを見守るのを見てかなり萌えたのは確かだし(笑)、これがT1T2の正当な続編だと思える出来にはなっていたと思う。 本作の真価が問われるのはこの次かもしれない。