ファンタスティック・フォー (2015)

ファンタスティック・フォー (2015)

Fantastic Four
2015年製作 アメリカ 2015年10月9日上映
rating 2.9 2.9
78 26

『ファンタスティック・フォー (2015)』のあらすじ

普通の4人のはずだった――主人公の4人は、どこにでもいそうなアウトサイダーの若者たち。正義感など無縁の彼らだが、異次元空間に転送されたことで、それぞれの肉体に信じがたい「変化」がもたらされる。異変にとまどい、悩む4人は、やがて自らの使命を受け止めるのだった・・・・。友情と葛藤に、信じがたい敵の出現、そして大スペクタクルの闘い――息をのむアクションと異次元のビジュアルが、共感度満点のストーリーと結びつき、究極のエンタテインメント大作がここに完成。創造をはるかに超える興奮と感動とともに、新たなレジェンド誕生の瞬間を、目撃せよ!

『ファンタスティック・フォー (2015)』のスタッフ・キャスト

『ファンタスティック・フォー (2015)』の感想・評価・ネタバレ

  • えいじ
    えいじ 3 2017年4月17日

    評判の悪い今作。知っていましたよ。ただ私の友だちで最も映画を愛している人が凄く高評価だったので気になりました。 私には合わなかった。ヒーローの側面よりも化物としての側面を良く描いていた作品であり、不本意な戦いに身を寄せる彼らに焦点を当てているのは確かに感じます。ただの超人映画に終わらない意図も感じました。 ただどうしても浅いと感じてしまう...それならば、もっと大作にしてでも、どんなに叩かれてでも2時間きっちり4人にスポットを当てて欲しい。物足りない。戦闘なんて正直最低レベルで良い。敵役の過去をほじくれよ!もっと心の中ほじくり回してさらけ出させてくれよ...

  • zume

    ファンタスティック・フォー誕生までに焦点を当てた作品。 特殊能力があまり活かされておらず、派手なアクションシーンを期待してる人にはオススメしない。

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2016年8月8日

    ていうか『クロニクル2』じゃん。みんなコミュニケイション能力低いギークで、大きな力を手に入れて後先考えずに使ったら、異次元規模でえらいことになっちゃて後悔先に立たず…うわーん!って。スーパーヒーローらしいバトルや活躍は殆どなく、特殊能力もカッコ悪い(むしろカッコいいのはお父さん)。身体が伸びてもしょうがないし、岩男なんかパンツすら履いてないし。ジェイミー・ベルは未だに学生役だし。 でも少年時代からのリードとベンの友情が大変切なくて、実は案外面白かった。若さ故の鬱屈と自己顕示欲が招いた過ちで、あるべき未来を失った若者たち…しかも敵はジャミラじゃないか。ギークばかりの仲間じゃ幸せになれないのか、って全部自業自得だが哀しい。マイケルBジョーダン以外華がないキャストも、この内容には合ってる。ただ、このビギンズから通常のヒーロー映画に繋げるのはムリだよな。全然ファンタスティックじゃないもん。

『ファンタスティック・フォー (2015)』に関連する作品