ジャッジ 裁かれる判事
ジャッジ 裁かれる判事
The Judge
2014年製作 アメリカ 142分 2015年1月17日上映
rating 3.7 3.7
126 56

『ジャッジ 裁かれる判事』の感想・評価・ネタバレ

  • Yuki

    思いの外ヒューマンドラマ。 判事であり不器用な父を弁護することになった敏腕弁護士の息子。 家族模様が最初は角々しかったけど、最後は丸みを帯びる。

  • syohei

    法廷サスペンスと思って観れば、親子のヒューマンドラマ。 裁判も負け、父も最後は病気でなくなってしまうけれど、父の最後の日にハンクも立ち会え、お互いの確執がなくなり良かったなぁと思う。 相手側の母親が息子の面会に2回しかいってないのに複数いったところで色々展開、伏線として考えてしまったけどなにもなかったところがサスペンスどはないなーと笑 いい映画ではあった。 面白くないこともない。 てゆうかんじ。笑 ダウニーがはまり役 こうゆう天才的な感じの役ははまるよね

  • takamaru
    takamaru 4 2016年8月17日

    機内 たまには実家に帰って顔見せるってことを大切にしていきたい

  • Tanaka_Hirofumi
    Tanaka_Hirofumi 5 2016年4月18日

    それぞれが過去を背負い現在を引き受けてその先の人生を選んでいく。とても優しく、エモーショナルに、でもリアルにヒューマンが描かれた良作で、極めつけはなんといってもロバートダウニーJr

  • 福庭恭平
    福庭恭平 4 2016年4月13日

    ロバートダウニーJrの名演、ショーシャンクの空にような優しい雰囲気のBGM、大好きな映画になりました 何度でも見たい ハッピーエンドではないけれど心には残りつづける、そんな映画です 主人公の離婚問題がうやむやになってるのは問題かもだけど笑 成長した彼ならばきっと正しい判断ができるのでしょう

  • YU66 RAMONE
    YU66 RAMONE 3 2016年3月16日

    父と子の確執、ヒューマンドラマで 三兄弟の繋がりも好感が持てる。 また名優揃いなので終始安心感もある。 めちゃくちゃ可愛い! とときめいたのはやっぱりレイトンミースターでした。文句無しの可愛さ。 今やアイアンマンのロバートダウニーJRですが、わたしの〝ベスト〟ロバートダウニーJRはやはりいまだに「レスザンゼロ」です。

  • YURIHHANNA
    YURIHHANNA 2 2016年3月4日

    裁判がメインかと思ったら 家族愛がもっぱらのテーマ。 父に容疑がきせられ、 仲の悪い息子が弁護士だったため 救出しようとするが 思わぬ真実とそこに隠された愛が見所。 少しジーンとくるところもあり 世界の父ちゃんは素晴らしい!

  • しんし
    しんし 3 2016年1月22日

    殺人容疑で捕まった父とそれを弁護する息子の心の交流を描いた作品 親子の交流がすごく丁寧に描かれていて、自然と感情移入できました。 メインテーマが「親子愛」とシンプルな分、法廷の緊迫感がいい味を出していたと思います‼︎ 何より父役のロバード・デュバルの演技が素晴らしかったです‼︎ 頑固で不器用だけど、愛情に溢れている古風な父親を見事なまでに体現していました‼︎

  • tamago3

    やり手弁護士のロバートダウニーjrが故郷の田舎町で判事をしていた父親の弁護を引き受ける。若き日の過ちや父と息子の葛藤が上手く描かれており、この映画に深みを持たせていると思う。法廷映画というよりも良くできたヒューマンドラマだった。

  • よっしー
    よっしー 3 2015年12月31日

    150121

  • Fumihiro Yamanouchi
    Fumihiro Yamanouchi 3 2015年12月29日

    ロバートダウニーJr.がちょいとご都合主義っぽくカッコ良過ぎたけど、なかなか深いいい話。ベラファーミガがいい味出してます。

  • ウエ

    法廷ミステリーみたいなの見たかったんだけど、ヒューマンドラマだった。 家族だけど、それは完全じゃない人間たちの集まりにしか過ぎなくて仲が良いとは限らない。父親だって完全な人間ではない。誰もが思い通りの理想の家族で育てる訳じゃない。

  • ことね。
    ことね。 4 2015年11月28日

    20151127

  • 保津稔
    保津稔 2 2015年11月27日

    役者さんは良かったけど、話がベタ。それなりに盛り上がる感じはあるけど、なんか無難にまとめた感じがする、保守層が喜びそうな映画。

  • ななせ
    ななせ 4 2015年11月26日

    サスペンスとして選んだがまさかの泣ける映画だった。いい話。

  • okdkstmp

    裁判モノは面白いものが多い。何でだろうね。人が人を裁くってのは感情が入りやすいんだろうか。本作は家族愛的なものが主題なんだけど、やはり終盤メインの裁判のシーンは見入ってしまう。だからこそ、裁判のシーンはちょっと物足りなかったかも。 内容とは関係ないけど、ヴェラ・ファーミガという女優さんが途中からケイト・ブランシェットに見えてしまった…

  • Sayaka  Toda
    Sayaka Toda 1 2015年11月16日

    裁判もののミステリかと思ったのに、確執ある親子の物語だった。事前情報なしで観たから、しばらくは「ミステリまーだー?」って身構えてしまい、結果がっかり。 ヒューマンドラマだとわかって観たら、きっと面白かったんだろうな。 ミステリじゃないと気づいたときにはもう、ヒューマンドラマのテンションじゃなかったから、路線バスに乗り遅れちゃった感じ。 ラストの法廷シーン、次男にハグしない父と、次男の距離感が切なくも力強い絆を感じて良かった。

  • mazda

    真面目で真実を追求することを大切にしている判事の父が殺人容疑をかけられ、真実かどうかではなく勝利だけを求めるという、父とはまるで対照的な息子が、父の弁護をする話。 ただの裁判映画にならないところがよかった、すごく素敵な映画を観れた。 子供の頃は仲良かったのに気づいたら溝ができてしまったよくある父子関係。同じ業界でありながら仕事をする上でのモットーは二人とも全然違うけど観ているうちにやっぱり親子だなって、似ているっていうよりは、このお父さんから生まれた人なんだなってわかっちゃう感じ。 ふたりとも仕事に対しては一生懸命できっちりしてるのに自分のことになるとすごく不器用、溝ができても互いに想っているものは同じなのにいい歳になるとそういうのもなかなかうまく伝えられない。ラストのシーンで父が息子に伝える言葉は、心残りしないよう、想ったことは素直に伝えようというきもちから出た言葉だと思って、じんわり涙がでた。 親子愛が素敵だったからこそ、息子の女性関係シーンがとても邪魔でした、、これさえなければもう少しきもちよく観れたのに。 でもお父さんはあったかくてとても素敵な人だったし兄弟も含めて優しい愛に溢れている家族だと思った。良作○

  • Aki

    面白かった。 小さな田舎町で長年判事をつとめる父が事件の容疑者として裁判を受けることに。長年絶縁状態だった息子が父の弁護人を引き受けることに。 法廷サスペンスなんだとばかり思って観ていたらそれだけじゃなく、親子の話、兄弟の話、自分と向き合う話と色々盛りだくさんだった。 しっかりまとまっていて最後は涙した。笑いもあって良い映画だった。

  • Ayayes

    裁判映画かと思いきや、家族映画、親子映画でした。油断して見てしまい、終始ボロ泣きでした。タイミング無くて映画館に行けなかったけど、映画館で見なくてよかったってくらい泣いた。少し自分とも重なった。最近いい映画に出会えてなかったけど、これはいい映画でした。