フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
Fifty Shades of Grey
2015年製作 アメリカ 125分 2015年2月13日上映
rating 2.8 2.8
240 105

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のGinの感想・評価・ネタバレ

Gin

主人公・アナはバンクーバーで英文学を専攻する普通の女子大生。彼女はある日ルームメイトのキャサリンが風邪で行けなくなった取材に代理で行くことになる。 訪れたのはシアトルにある大企業・グレイ・エンタープライズ・ホールディングス。彼女はそこで若き創業者のクリスチャン・グレイに代理の取材を行うが、二人はその短時間の間に惹かれ合う。 そして後日、アナのアルバイト先に唐突に姿を現すグレイ。彼らの関係はどうなっていくのか... 雰囲気はいい。映像もきれいだし、音楽もいい。部屋のレイアウトや衣装も好きなセンス。 物語は身分も性質も違う二人が惹かれ合いながらも自分の中にある変えがたいものに葛藤する様を描いている。どっちに感情移入するかもオモシロい。私はグレイがよくわかる。 これを叶わぬロマンスに身悶えする楽しみとして観るか、人生の葛藤劇と観るか。 最後の終わらせかたはなかなか好きかな。