バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
2014年製作 アメリカ 120分 2015年4月10日上映
rating 3.6 3.6
460 156

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のゆうの感想・評価・ネタバレ

ゆう

最高だった! ワンカット風の撮影方法、BGMのドラム音!ももちろん最高なんだけど、簡単に客を引けるヒーロー映画やその主演俳優に溢れかえってるハリウッド映画界にも、週末の興行収入がどーたらこーたら言うニュースにも飽き飽きしている僕にとっては冒頭から「よく言った!!!」って声を大にして言いたいくらいのセリフ、ギャグがある!! バットマンを演じたマイケル・キートンも、過去にハルクを演じるも今ではすっかりマーク・ラファロのものにされてしまったエドワード・ノートン、それにたまたまだろうけどリブート版が打ち切りになり再リブートされるアメイジング・スパイダーマンでヒロインを務めていたエマ・ストーンというのも最高! どの批評家もそこには触れず撮影方法やBGMのことしか絶賛してないんだよね。。。 ちなみにプロの映画評論家も嫌いなのでそこも「よく言った!」って思うところもあったり笑 それでも派手なアクションシーンに魅力はあるんですよね。あのシーンでは鳥肌が立ってしまったし! と、完全に否定してるわけでもなさそうなとこもいい。 普通にリーガンの人生、またラストシーンに勇気を貰えたりもします。 ナオミ・ワッツも含め、みんな良い演技っていうのも最高!!