グローリー 明日への行進
グローリー 明日への行進
Selma
2014年製作 アメリカ 128分 2015年6月19日上映
rating 3.6 3.6
23 31

『グローリー 明日への行進』の感想・評価・ネタバレ

  • Sensyu

    @柏キネマ旬報シアター 人間の偏見て恐ろしい。 それを破る勇気は偉大だ。

  • えりこ
    えりこ 3 2016年1月14日

    キング牧師の伝記的ストーリーです。 改めて人種差別について深く考えさせられ、彼が成し遂げた偉業を知ることが出来ました。誰もが平等の世界はまだまだ難しいけど、いつか誰もが笑顔でいられますように。 オスカー歌曲賞の主題歌も良かったです!

  • karinchorin
    karinchorin 3 2015年10月15日

    下高井戸シネマ。 アメリカ歴史。今の世界の当たり前のことを言ってるのに、当時はそれを獲得するために命をかけてたなんて、何か変な感じです。演説しびれた。

  • hiroenag
    hiroenag 0 2015年6月27日

    日本の婦人参政権も同じような状況だったんだろうなと思うと、やっぱり投票は行ったほうが良いと思う。こういう社会のルールを根本的に変更するのって、ものすごく難しいと思うけれど、そういう時にこそヒーローは生まれるんだろうなとも。そして法的な(表面的な)ルールが変わったとしても、人の根に残る感覚的な差別はなかなか根絶しないというのも、難しい問題ですね。

  • nieve822
    nieve822 4 2015年6月23日

    原題selma。キング牧師の半生を描く。偉大なキング牧師も悩み苦しむ一人の人間だった。もっと重苦しい話かと思ったらそんなことなくて、静かだけど、人々の怒り、悲しみ、苦しみが詰まったすごく力強い作品でした。

  • Ayano Jinnouchi
    Ayano Jinnouchi 3 2015年6月10日

    人種差別への憎しみの映画ではなく、歩み寄りの映画。歴史ものの映画は苦手だったけど、スピーチのシーンはとても迫力があってよかったです。それにしてもキング牧師初の映画化とは知りませんでした!