野良犬 (1949)

野良犬 (1949)

1949年製作 日本 122分 1949年10月17日上映
rating 3.1 3.1
7 1

『野良犬 (1949)』とは

"終戦直後の東京を舞台とし、若い刑事がベテラン刑事とともに犯人を追い詰めるサスペンス映画。全編白黒で撮影されている。 黒澤明の原作を新人・菊島隆三が脚色。演出は『静かなる決闘』の黒澤明、撮影は『青い山脈(1949)』の中井朝一が担当した。 主演は『黒部の太陽』の三船敏郎。『動乱』の志村喬、『七人の侍』の木村功、『悪いやつほどよく眠る』の清水元、『四十九日のレシピ』の淡路惠子らが出演。本作は昭和24年度芸術祭賞受賞、第23回キネマ旬報ベスト・テンで第3位に選ばれている。"

『野良犬 (1949)』のあらすじ

"刑事・村上(三船敏郎)はコルト式拳銃を何者かに盗まれてしまう。実弾を装填したまま盗まれた為、拳銃を悪用されるのではないかと焦った村上は上司・中島警部(清水元)に事情を訴えた。中島の進言でスリ係の市川刑事に相談、捜査線上にスリのお銀が浮かんできた。 お銀から盛り場の闇取引現場の情報を聞きつけた村上は、ボロボロの服で変装し、潜入捜査するが失敗してしまう。その後、村上は淀橋署ベテラン刑事・佐藤(志村喬)と組んで捜査を継続することとなる。村上の盗まれた拳銃はどこへ行ったのか? 捜査が続く中、遊佐(木村功)という男が捜査線上に浮上してくる。捜査の手が伸びてきたことを知り、逃げようとする遊佐の凶弾に倒れる佐藤。まだ実弾の残る拳銃を持ったまま逃げる遊佐を村上は追い詰めるのだが……。"

『野良犬 (1949)』のスタッフ・キャスト

『野良犬 (1949)』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 5月9日

    携帯していたコルトを盗まれた新米刑事。ベテラン刑事の手を借りて必死に犯人を追うが、そのコルトによる強盗事件が発生してしまう。 元祖刑事モノと言われる本作。黒澤明、三船敏郎、志村喬の相性は抜群だ。初期(戦後)黒澤明の作品は題材として職業が選ばれがちであり、しかもその職業の尊さが描かれている。勤勉への前向きな精神が戦後日本の復興に寄与しているということなのだろうか。新米刑事が戦後間もない日本を歩き回るシーンがあるが、このシーンにはかなりの尺が充てられている。当時の映像を映画に収めることに歴史的価値を見出していたに違いない。 この映画にはいくつか異質な点が含まれる。印象的だったのが舞台終わりのラインダンサーたちが疲れて一言も発せぬまま舞台裏でバタバタと汗だらけで倒れていく様子。あまりにアバンギャルド。さらに可愛い洋服を着て狂ったように回る女。これはもう前衛という他ない。黒澤明による実験という他ないだろう。

『野良犬 (1949)』に関連する作品