リトルプリンス 星の王子さまと私

リトルプリンス 星の王子さまと私

The Little Prince
2014年製作 フランス 107分 2015年11月21日上映
rating 3.8 3.8
58 37

『リトルプリンス 星の王子さまと私』のあらすじ

よい学校に入るため、友だちもつくらず勉強漬けの毎日を送る9歳の女の子。名門校の学区内に引っ越してきたが、隣には風変わりなおじいさんが住んでいた。ある日、隣から飛んできた紙飛行機が気になって中をあけると、そこ書かれていたのは、小さな王子の物語。話の続きが知りたくてたまらず、女の子は隣家を訪ねた。王子の話を聞き、一緒に時を過ごすうちに、二人はかけがえのない友だちになっていく。しかし、ある日、おじいさんが病に倒れてしまう。女の子は、もう一度王子に会いたいと言っていた彼のために、プロペラ機に乗って、王子を探す旅に出た——!

『リトルプリンス 星の王子さまと私』のスタッフ・キャスト

『リトルプリンス 星の王子さまと私』の感想・評価・ネタバレ

  • satikuru
    satikuru 0 4月21日

    現代社会批判! 灰色の服を着て猫背で歩く人々。 いつか意味が通じなくなることを祈る。 (ところどころジブリへの愛を感じた。)

  • Teppey

    世界で一番大好きなお話 星の王子さま。 時間に縛られた生活を送る現代の女の子が、星の王子さまのお話に触れて少しずつ変わっていく。この映画ではオトナになってしまった大人もまた目に見えないものの大切さに気づけるようになっていくところが良いところだと思う。 何十年も昔に書かれたストーリーが今にでも人の心を動かせるってすごいと思うし、違う視点で物語を見てまた小説を読み直したくなった。 映像も色鮮やかで優しい質感でとても好き。 大切なものは目に見えない。

  • とし

    星の王子さまを読んだのは遥か昔で記憶が曖昧になっていたけど次第に思い出した。原作は哲学的でやや難解な部分があるけど現代のストーリーを交える事でわかりやすく子供まで幅広く楽しめるはず。CGとストップモーションを融合させ1つの作品を仕上げるとは画期的だ。美術に日本の和紙が使われてきて暖かみがあった。人の敷いたレールを歩むより自分が考え行動する事にたくさんの意味があると感じた。

関連する記事

『リトルプリンス 星の王子さまと私』に関連する作品