ジョナ・ヘックス

ジョナ・ヘックス

JONAH HEX
2010年製作 アメリカ 81分
rating 2.5 2.5
2 0

『ジョナ・ヘックス』とは

アメコミレーベルDCコミックスから1970年代に出ていたグラフィック・ノベル『ジョナ・ヘックス』を原作に、実写化した西部劇アクション映画。原作は、ジョン・アルバノ作、トニー・デズニガ画。死者と話せるという特殊能力を持つ南北戦争時のヒーロー、ジョナ・ヘックスが家族を殺された恨みを晴らすため復讐に燃える姿を描く。主人公ジョナを、ジョシュ・ブローリン、セクシーなヒロインをミーガン・フォックスが演じた。監督は ジミー・ヘイワードが務めている。脚本は、マーク・ネヴェルダインとブライアン・テイラーが担当した。

『ジョナ・ヘックス』のあらすじ

南北戦争時、南軍に所属していたジョナは、ある日上司であるターンブルの怒りを買ってしまう。怒ったターンブルは、目の前でジョナの妻子を殺した上に、彼の顔に烙印を押し放置した。先住民に助けられたジョナはターンブルを追うが、逃げられてしまい、行き場のない恨みだけが募っていく。月日が流れ、ターンブルが死んだと思っていたジョナは賞金稼ぎになっていた。ある日、ターンブルが企んでいる巨大な陰謀を知った大統領は、ジョナに彼の討伐を命じる。死んだと思っていたターンブルの名前を聞いたジョナは、殺された妻子の復讐の為にその命を受け、彼を倒しに立ち上がるのだった。

『ジョナ・ヘックス』のスタッフ・キャスト

『ジョナ・ヘックス』の感想・評価・ネタバレ

  • ゆでたまご
    ゆでたまご 2 2015年2月3日

    死人を生き返らせる?とかいうすごい能力もっといっぱい使おうぜ。せっかくいいの持ってんだから… あとは忘れた。カラスが可愛いかった

『ジョナ・ヘックス』に関連する作品