ジョン・ウィック
ジョン・ウィック
John Wick
2014年製作 アメリカ 103分 2015年10月16日上映
rating 3.7 3.7
183 37

『ジョン・ウィック』の感想・評価・ネタバレ

  • やじろべえ
    やじろべえ 3 9日前

    さすがはガンフー?ん、ちがったか? 中身はさておき、アクションでした

  • Yamanaka  Akira
    Yamanaka Akira 3 2018年8月4日

    まるでコミックのような作りのアクション映画。復讐の動機が犬っていうのもいい。意外にありそうでなさそうな単純明快ないい映画だと思います。

  • U2

    犬好きのキアヌ・リーブスが良い。 ずっとガンアクション。

  • ごとー
    ごとー 3 2017年10月15日

    2017/10/15 字幕翻訳 ほとんど銃撃ってた気がする。 アクションしかないと言っても過言ではない。

  • 森本航洋
    森本航洋 4 2017年8月19日

    復讐に燃える静かな殺し屋が迎え撃つ雑魚共をひたすら撃ち殺し続ける無双映画と言ってしまえばそこまでですが、ジョンウィックのキャラクター性とアクションとのバランスが非常にかっこいいです。寡黙な殺し屋を売りにしてるとこで言えばジャッキーコーガンなんかよりは数百倍面白いです笑 テンポのいい銃声はクラブミュージックを聴いてる気分になるほどです。やっぱアクションはここまでふりきってくれないと物足りないですね。いい感じです!

  • エミデブ
    エミデブ 3 2017年7月17日

    噂通りの疾走感とバイオレンス性だった。 ただ、ジョン・ウィックが無双していると聞いたものの、強い時と弱い時の謎の差が気になって仕方ない。バンバン殺して、殺陣が凝りすぎてて、まだ出てきてない敵に銃向けちゃったりしてるくせに1対1になると途端に普通のアクション映画ばりの戦闘力になる。そう、それはまるで映画の展開を飽きさせないかのように、、、。 この映画のシーンを大きく分けるとジョンが大量に殺していくか、ジョンが1対1で苦戦するかの2つしかない。ただ、チャプターごとに分かれてて、観てる人も「あ、今回はこういう場所でこういう人数と戦うのね」ってなんとなく気づいちゃいながら観れるのが良い点だ。 バカ息子の憎たらしさはなかなかで、ジョンの復讐劇は、そりゃあもう応援したくなるよ。 ある意味すごく斬新な映画で、振り切っているので楽しんで観るということではかなり点数が高い。中学生が考えたかと思うほど、ありえない裏社会でありえない強さを発揮する姿は、不思議と「こんな妄想もしたなぁ」と思わせた。 2作目が現在公開中だから観に行きたいとは思うのだけど、まぁ、映画館でお金を払って観るなら他のを観ようか。

  • あぃ

    分かりやすいムービー。殺し屋ホテルがあたしはツボで、あぁいうの好き❤️ キアヌリーブスが無事にカッコよかったので、良かった。

  • Erika

    正統派バイオレンスアクション。 最初から最後までなかなかのバイオレンス度合い。ストーリーは単純で分かりやすいけど話の先が読めちゃう&演出がやり過ぎなところが気になる。

  • えくえあ
    えくえあ 4 2017年6月12日

    妻が最期に残した贈り物の愛犬を殺されたことをきっかけに、引退した凄腕の殺し屋、ジョン・ウィックの復讐劇が始まる これはかなり好きなタイプの映画 キアヌのガンアクションがとにかくカッコイイことはもちろんなんですが、個人的にはカメラワークや演出による魅せ方がすごくよかった 序盤の柱をはさんだシーンや、終盤のコンティネンタルの支配人が現れるシーンなんかは本当にカッコイイ! 殺し屋界の掟や世界観なんかも個人的にはツボでした チャプター2も是非見たいですね

  • Marina Sakai
    Marina Sakai 3 2017年5月22日

    テンポよく人が撃たれていく。リベリオンぽい型がかっこいい。

  • sogo

    ジョン・ウィック、観やした。 やはり、こう、復讐劇好きな自分として、いいですね。 男性で、こういう男に憧れる方、たくさんいるんじゃないでしょうか? 後、アクションも凄く凝ってるし、キアヌもそうとう練習したんでしょう(^^) 素晴らしい。 あああ、強いヤツになりたい(≧∇≦)

  • Daichi Yamada
    Daichi Yamada 4 2017年2月23日

    確かにガンアクションは新しく気持ちいいのだが、そこだけで、運の良い、都合の良い展開も多く、全体的にあっさりした演出もあり、イマイチ記憶に残らない映画になりそう。

  • 翔

    ゲームの世界における主人公は強い、とても強い。一対一はもちろん一対二十でも華麗なアクションをもって敵を制圧する。 プレイヤーの腕前次第ではあるもののこういった現実の世界ではあり得ないレベルのフィジカルやメンタルを発揮するキャラクターに対して「主人公補正」という言葉が使われる。 そのワンマンショーを映画でやってのけたのがこのジョン・ウィック。主人公であるジョン・ウィックが最強であることや戦いに赴く理由の説明もそこそこに、あっという間に駆け抜けるスタイリッシュアクション映画だ。 本当に息つく間もない、なんなら息つく必要もない。淡白すぎるほど単純明快な設定とストーリー、そこに立て続けに敵が押し寄せてくる。変わる箇所は舞台だけ、あとはそこで最強の主人公が雑魚を蹴散らし各ステージのボスと対決する。 単純明快を研ぎ澄ました結果がコレなのかもしれない。凝りに凝ったコース料理よりも最高に美味い焼肉が食べたい、そんな時にオススメしたいと思う。 あとアレだ、映画内で挿入される字幕がまたカッコイイ。ゲーム的なクールさである。

  • けんしろー
    けんしろー 3 2017年1月26日

    まずは久々にキアヌ主演映画いいと思った。アクションが冴えてるからね。 裏社会での伝説の殺し屋ジョンウィック。 足を洗い表社会で平和に暮らしていたが マフィアに愛するものを壊され復讐へ アクションは良かったけどゲーム感が強かったと思います。敵役の撃たれる所とかもっとリアルにしても良かったのでは。 あとは犬とジョンの絆が無さすぎる。 たった1日しか一緒に居ないし、飼い主らしい事ゼロ。ただ警戒することなく犬が懐いてる可愛さで稼いだ感がして仕方ない。 クライマックスでは車で追う所が雷とマッチして申し訳ないが未来から来たの?と思うばりのSE。突然の雨。 いらないんじゃないかな?と思った。 字幕の出し方はユニークで好きです。

  • ◇○**

    スイッチが入ったかのように人殺しに戻ったキアヌだけど、そんな怒るならもっと犬と過ごして仲良くなってよって思ったままエンディングを迎えた。

  • ace666metal
    ace666metal 4 2016年11月5日

     復讐の鬼と化した無機質系キアヌ 精密機械の様な近接ガンアクション、リベリオンのガン=カタを彷彿とさせる(ガンフーって云うみたいね) ナイトクラブでのシーンは爽快 ほぼゼロレンジで胸に3発+顔面に1発のオーバーキルが堪らない 引退してたからけっこうやられるのも説得力アリ、そこからの回復力凄すぎ コイツ死ぬんだろうな的な悪役がアッサリ死んでいくのも爽快感を後押しか 面白かった、続編に期待です

  • チョコラテ飲みたい
    チョコラテ飲みたい 0 2016年8月24日

    2019.8.21

  • syn490

    アメコミみたいだった。キャラとか背景とか舞台とか、シンシティ的な要素が若干あった。

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2016年8月10日

    アクションシーンのために話を作ったようで、そのバランスのチグハグさが気になってしょうがない。「たかが犬のためにそこまで」と言われる復讐だけど、まずその前提に違和感。いや、犬殺されて怒るのは当然……だけど、ジョン・ウィックがそこまで犬を大事に可愛がってる所がないからヘンなのだ。たった1日しか飼ってないし、飼い主らしいことしてないもん。ならばいっそ犬よりも、マニアックなコレクションとか壊されて復讐する方がよっぽど「怒らせたらヤバい」人らしいのでは。 殺し屋保養ホテルや字幕の出し方はユニークで面白いし、肝心のアクション自体は見せ場になってる。とはいえネオン・ノワール調、更に香港映画にありがち(ドニー・イェンが主演しそう)な敵設定など既視感が。キアヌは戦闘能力がスゴくてもバカ、デフォーさんは可哀想すぎ(知ってる)、レグイザモは単にパシリ(知ってる)。まあ作り手は楽しそうだけど…。私が犬ならこんな飼い主ヤダ。

  • zume

    倍返しだ‼︎