ダイアリー・オブ・ザ・デッド
ダイアリー・オブ・ザ・デッド
rating 2.8 2.8
33 5

『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』のゆうの感想・評価・ネタバレ

ゆう

主人公のジェイソンが「生存者のために真実を残さなきゃいけないんだ!!」って言って仲間がピンチでも仲間が噛まれても仲間の後ろにゾンビがいてもカメラ回し続けるようなやつで流石にかなーりイライラ笑 他のメンバーが出来た人過ぎるよ。。。 それでも最初は「メディア情報の危険性」とかが絡んでくるのかなぁと思いきや人間変わってゾンビで遊んだりしちゃって「そんな私たちを救う価値などあるのでしょうか?」で締められる。まぁある意味"ゾンビ慣れ"してしまっている現代っ子への警鐘なのかなーとか思ったり思わなかったり。 "カメラで撮るという行為のエゴとか、カメラによって分かたれる自己と他者、死によってゾンビ化によって分かたれる生者と死者とはなんぞや、なんて考えながら見てしまった。"って言ってるレビューを書いてる方がいてそうそう!と思ったりもしました。 ジェイソンがあんなにムカつくキャラじゃなけりゃもうちょっと好感もてたのかなーと思う本作ですが、ゾンビの殺し方が実に様々だった!電気ショック、弓、銃、鎌、刀! というかれロメロ監督作品だったんですね!