夫婦フーフー日記
夫婦フーフー日記
rating 3 3
29 20

『夫婦フーフー日記』の感想・評価・ネタバレ

  • とし

    奥さんが病死してしまうのにコミカルな感じになっているので全然悲しくならない。病気と戦っている妻がツラそうだし残された夫は小さな子供を抱えながら生きていかなくちゃいけない現実は大変だろうな。夫婦にはいろんなあり方があるけどうちは幸せだなと再確認できた。

  • Rika#W

    永作さんのキャラが良かった!けれど、時間軸がバラバラで、結局何が言いたかったのか…あんまり入り込めなかった。

  • Daiki Kinoshita
    Daiki Kinoshita 2 2016年1月24日

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2015年11月3日

    幻の姿として登場する亡きヨメとコミカルな掛け合いを見せつつ、やがて現実と向き合うダンナ。時間軸も出来事も語り手本意の日記形式だが、映画内でブログ→書籍化と展開するメタ要素もあるのでちょっとややこしい。そしてヨメの幻はダンナを叱咤激励するための役割でしかなく、これではまるでマニック・ピクシー・ドリーム・ガール(夢の中の理想の女子)と変わらないような。本当に辛い事実には敢えて踏み込まないとしても、それは原作者のやむを得ない手段であって、映画としてはただ「笑わせて泣かせる」ためのゆるい意図しか見えなかった。

  • mince

    作家を夢見る男と読書女は十数年来の大親友。女の見合いを発端に求婚結婚妊娠がん出産嫁死亡と息切ればかり怒涛の一年間。そんな生活を綴っていたブログに書籍化の話しが。そこに死んだはずの嫁が現れニヤニヤ日記を批評し始める「夫婦フーフー日記」塚2。キャラTの似合わない俳優はここにいます。2015年7月16日かなりおもしろかった。死んだ嫁が出てくる設定は映画化にあたって加えたそうだが大成功だと思う。夫は死亡後の妻と日記を通じてその短い家族生活を振り返るのだがいいなぁこんな夫婦いうか男女と観てる方にすごく思わせる。そしてふたりのやり取りが楽しくもやさしい気持ちにさせてくれる。

  • チョコラテ飲みたい
    チョコラテ飲みたい 0 2015年6月15日

    2015.6.14

  • フルーツグラノーラ
    フルーツグラノーラ 3 2015年6月5日

    ストーリーは正直途中まで退屈さを感じてしまっていた。 しかしながら夫婦の大変さ、家族がいる喜び、死への恐怖、病気•病人の感じなど どれもとてもリアルでよかったし、将来結婚したい、家族がほしいと思わせさせられた。 そして、病気で亡くなってしまう奥さんの役を演じた永作博美の演技がすごい。(特に病気の演技) どのくらいすごいかといえば永作博美が劇中に出てくる症状に実際になっているのではないかと思ってこちらが引いてしまったくらいすごかった。(大袈裟すぎるかも) 題材からして泣くであろうとは思っていたが、今回に関しては永作博美の演技のうまさによるところが大きいかもしれない。

  • miwa06-15
    miwa06-15 5 2015年6月3日

    笑って泣けるというキャッチコピー通りという感じでした。実話の映画化というと本当に良い作品は少ないと感じていますが、脚本が林民夫さんという事もあり、フィクションとノンフィクションを上手く織り交ぜてまとまりのあるストーリーになっていると思います。夜の映画館でしっとりと観て頂きたいです。

  • wakamewatts
    wakamewatts 3 2015年6月3日

    アラフォーでガサツな出遅れ女と、作家を目指す優柔不断な男が遅ればせながら結婚する。しかしこの夫婦には、大変な出来事が待っていた。結婚直後に彼女はステージ4の直腸がんが発見、一方ハネムーンベイビーの妊娠も判明、、闘病生活をしながら帝王切開で無事男子を出産。しかし結婚後1年6か月で彼女は死んでしまう。死んだ後の彼は日記を出版することにしたのだが、夜な夜な彼女が現れては日記の原稿にケチをつける。(#15-71)

  • halka

    ん〜!予告からもっとコメディと思ってたかな〜!これはこれでよいけど

  • RiN

    永作博美さんがほんとにもう、めちゃくちゃかわいい。あんなかわいい40代女性が存在するのか、奇跡だ。佐々木蔵之介さんとの夫婦漫才的な掛け合いもとってもかわいい。結婚したいなー!ってごろごろしたくなる映画です。 以上!