天の茶助
天の茶助
2015年製作 日本 105分 2015年6月27日上映
rating 3.5 3.5
9 5

『天の茶助』のSatoko Suzukiの感想・評価・ネタバレ

Satoko Suzuki
Satoko Suzuki 4 2015年7月14日

2015/07/11 お帰りなさい、SABU監督! あーもう、初期のSABU監督作品が好きな人にはたまらない、楽しい楽しい映画でした。 原点回帰?!「ポストマンブルース」へのセルフオマージュか、と思えるほどの小ネタ満載(映画愛、詰め指、トレンチコートの殺し屋=恋する惑星)で嬉しくなりました。キャストも大杉漣&寺島進という初期コンビにニンマリし、松山ケンイチどうかしら〜と思ったけど、意外と良い(時折、堤真一っぽく映って、イイ感じに巻き込まれキャラになれたなーと)。 まあ、はっきり言って、脚本とか編集に好き嫌いはあると思います。ツッコミどころ満載だし。でも、そのありえない小さなファンタジー(今回は大きな)も、コミカルな展開も、長過ぎる疾走シーン・舞踊シーンも、素人臭いエキストラの演技も、全て愛おしく感じるのが、SABU監督作品なんです。「幸福の鐘」以来の再会気分です。 観て良かったー。