エクス・マキナ

エクス・マキナ

Ex Machina
2015年製作 イギリス 108分 2016年6月11日上映
rating 3.7 3.7
80 33

『エクス・マキナ』とは

人工知能の進化はどこまで進むのか。そして、人工知能が人間のような感情を持ったらどうなってしまうのか。現実世界でも話題になっている人工知能の進化とその恐怖をテーマに描くSFスリラー。アカデミー賞視覚効果賞を受賞し、脚本賞にもノミネートされた。監督は、『28日後』『私をはなさないで』の脚本を手掛けたアレックス・ガーランドは、この作品で監督デビューを果たした。女性のロボット・エヴァを『リリーのすべて』のアリシア・ヴィギャンデルが熱演し、ゴールデングローブ賞最優秀助演女優賞にノミネートされた。

『エクス・マキナ』のあらすじ

ケイレブは有名なIT企業「ブルーブック」のプログラマー。ある時、社内の抽選で、社長ネイサンの別荘に滞在できる権利を得る。ヘリコプターで山奥にあるネイサンの別荘へと向かったケイレブは、見たものを一切外に漏らさないという契約書を書かされ、彼はネイサンに開発中の人工知能を見せられる。それはエヴァと言う女性型のロボットだった。ネイサンはケイレブに、エヴァとの会話テストに協力するように頼む。ケイレブは人間のようなエヴァに感心していた。 ある日の実験中に突如停電が起こり、ネイサンを信用するなと言うエヴァ。このことをきっかけに彼はネイサンに疑問をもつようになり、ネイサンの事を調べた。ネイサンのこれまでの行動を知り、怒りを感じたケイレブは、エヴァを助けるための作戦を練るが、ネイサンは全てを知っていた。この実験は、ただの会話テストではなかったのだ。しかし、エヴァの思惑はケイレブとネイサンの考えを遥かに超えていた。感情を持った人工知能が最後にとった行動とは……。

『エクス・マキナ』のスタッフ・キャスト

『エクス・マキナ』の感想・評価・ネタバレ

『エクス・マキナ』に関連する作品