釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様

2008年製作 日本 110分 2008年10月25日上映
rating 3.1 3.1
8 0

『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』とは

作・やまさき十三と画・北見けんいちの同名漫画を原作に映画化。西田敏行と三國連太郎が名コンビを演じる国民的人気の「釣りバカ日誌」シリーズの第21作目。鈴木建設御一行の社員旅行監督・朝原雄三が描く。山田洋次と関根俊夫が脚色し、近森眞史が撮影を担当した。 ゲストには「20世紀少年」シリーズの常盤貴子、『バトルロワイアル』(2000年)の山本太郎、『ひゃくはち』(2008年)の竹内力を迎えた。また、三國連太郎の息子・佐藤浩市がサプライズ出演したことでも話題となった。

『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』のあらすじ

スーさん(三國連太郎)は、会長になってからも多忙な毎日を送っていた。その一方、ダメ社員のハマちゃん(西田敏行)は、相変わらず仕事よりも釣りの事ばかり考える日々を過ごしていた。そんなある日、ハマちゃんは会社の健康診断に引っかかり大騒ぎ、担当の総務部・河井波子(常盤貴子)を困らせていた。そこへハマちゃんの新しい部下・高田大輔(山本太郎)がやってきて困る波子助ける。 一方、妻・みち子(浅田美代子)に付き添ってもらい、ハマちゃんは何とか再検査を無事に終了した。検査の結果、異状はなく暴飲暴食を注意される程度でハマちゃんは一安心。数日後、晴れてハマちゃんと鈴木建設の御一行は社員旅行で大分へと旅立つのであった。この旅行の幹事の波子は大分県出身で兄・康平(竹内力)は漁師だと言う。そこで、ハマちゃんは波子にさっそく釣りの段取りを頼む。 ところが翌日、佐伯湾で釣りを楽しむハマちゃんに、康平がある相談を持ちかけるのであった。果たして鈴木建設一行の社員旅行に待ち受けるものとは......。

『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』のスタッフ・キャスト

『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』の感想・評価・ネタバレ

『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』に関連する作品