ギャラクシー街道
ギャラクシー街道
2015年製作 日本 110分 2015年10月24日上映
rating 2.3 2.3
117 40

『ギャラクシー街道』のsouthpumpkinの感想・評価・ネタバレ

southpumpkin
southpumpkin 0 2015年10月25日

三谷幸喜作品はずっと観てきており(『12人の優しい日本人』や『笑いの大学』まで)映画に没頭する前からファンでした。『ステキな金縛り』辺りから「なんじゃこりゃ!!」という批判が噴出していたのは見逃せません。しかし口を揃えて「三谷幸喜がスベってる」と言うのが全く理解できませんでした。批判する奴は頭の固いやつだ、とすら思っていたんです。今回でやっとわかりました。三谷幸喜はスベってます。 宇宙に浮かぶ寂れたハンバーガーショップで巻き起こる群像劇…、となれば過去の三谷幸喜であれば大興奮だったはずなのです。 まずは笑いのツボが本当に全くわからない。つまらない映画も楽しめる映画鑑賞を心掛けて、人よりは多くのつまらない映画、つまらないコメディも観てきていますが、今回はもう全くわからない。大竹しのぶが叫び声をあげてビリビリになるとは一体何のこっちゃ。ひとつの笑いが組み合わさって二次、三次と笑いが波状的に広がるのが『ラヂオの時間』だったとするなら、本作は完全に一次止まり。一次も一次で、全く面白くない。しかもゼロなら良いのですが、これがマイナスに作用するのが良くない。山本耕史の件は完全にド下ネタなんですが、映画のコンセプトと全く合わない。別に宇宙でやらなくても良かったような低レベルのド下ネタをファミリー、カップル向け映画でやるというのはむしろ犯罪なのではないか。つまらない下ネタはセクハラなのを理解していない。なんで観客の僕が後ろに座ったファミリーの心配をしなきゃいけないのか。合わせて物語のピークとなる卵の件も結局最悪。二人でトイレに入るのも最悪。笑えそうなポイントが全てマイナスに働くセクハラとも言える下ネタでカバーされているのです。 後付けでもなんでもいいからピタゴラスイッチのようにピースが繋がるエンディングすらも皆無。登場人物の心境に各々変化が全くないまま物語が終了。西川が歌を歌い、エンディングを告げる最後の瞬間まで信じていた三谷幸喜に完全に裏切られました。 僕はとうとう『古畑任三郎』や『ラヂオの時間』『みんなのいえ』で掛かった魔法(呪い)から解かれたと言えます。次回もフジテレビからの潤沢な資金援助を得て超豪華キャストを使った映画を撮るんでしょうけど、映画館では絶対に見ない事をここに誓いましょう。 今年公開ワースト、今年鑑賞した映画ワーストも見えてきます。